水曜日のダウンタウン!「サンタじゃなくてオバケでも プレゼントさえ持ってくれば子供は喜ぶ説」

ちょっと変わった面白い説!!

今週の、水曜日のダウンタウンは、「サンタじゃなくてオバケでも、

プレゼントさえ持ってくれば子供は喜ぶ説」「後ろから「だーれだ?」のやつ、

知らない人にやられてもとりあえず誰か答える説」「 知らない人からの

「だーれだ?」はめちゃくちゃ怖い説」

「「よーいドンと言ったらスタートしてください」のやつ、不可避説」でした。

出演者には、MCには、ダウンタウン(浜田雅功さん、松本人志さん) 、

プレゼンターには、庄司智春さん(品川庄司)、大久保佳代子さん(オアシズ)、

千鳥(大悟さん、ノブさん) 、

パネラーには、春香クリスティーンさん、天木じゅんさん、

モーリー・ロバートソンさん、小木博明さん、(おぎやはぎ)の皆さんです。

最初のプレゼンターは庄司智春さんです。

「ミキティ―!!」と叫びながらの登場です。

今回そんな庄司智春さんが持ってきた説は、「サンタじゃなくてオバケでも、

プレゼントさえ持ってくれば子供は喜ぶ説」です。

庄司智春さん「クリスマスの日にサンタじゃなくてお化けでプレゼントを

持ってくるんですよ、結構怖いお化けで、怖いんだけど目の前には欲しがって

いたプレゼントがあるから怖さよりも嬉しさの方が勝って喜ぶんじゃないか!」

松本人志さん「うーんなるほど」

スポンサーリンク
pr

喜びが怖さを上回るのか!!

さてそんな庄司智春さんの説は喜びが怖さを上回るのでしょうか?

去年のクリスマスに検証した映像で検証結果をモニタリングしていきます。

まずは6歳の男の子が欲しがっていたすけーどボードのプレゼントで検証です。

そのプレゼントを渡すお化けが映画スクリームでおなじみの洋風のお化けです。

さあ、怖さとプレゼントの喜びはどちらが上回るのでしょうか?

完全に眠っている男の子の部屋に怖めの低い声で

「メリークリスマス」と起こします。

起きた男の子に怖めの低い声でお化けが「スケートボード持ってきたよ」と言うと

男の子は「ありがとう、、、お母さんしってますか?」と少し怖そうにしながらも

血かずいて行きますが途中で「うわあ!」と逃げて怖がる場面も見せつつも

「ください」とプレゼント欲しさの方が上回り受け取ることができました。

その後男の子はお母さんの所に報告に行きます。

男の子は「お母さんサンタさん来た、、なんか鎌持ってて」鎌を持っていても

サンタさんと認識したようです。

続いて7歳の男の子で今度は更に怖さをレベルアップした包丁を持ったナマハゲ

での検証です。

男の子が眠った所で検証スタートです。

ナマハゲが「メリークリスマス!」と勢いよく表れると起きた男の子は

「怖い」と隣の部屋にいるお母さんの所にかけ込みます。

それで安心できたのかナマハゲがいる部屋に戻るとプレゼントを受け取りに

行きました。

やはり怖さよりも欲しさ、の方が強かったみたいです。

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする