林修の今でしょ!講座。新常識2017年薬検定スペシャル!市販薬でも手続きをすればお金が戻ってくるものがある!

間違いだらけの薬の飲み方と新常識2017年薬検定スペシャル

今薬の世界に革命が起きている

今回は東京理化大学薬学部教授の上村直樹先生に教えていただきます

薬の最新事情を教えていただきます

あなたの知識は古い

① 病院で処方された薬、症状が同じなら家族が飲んでも良い

正解 ×

家族で薬を分け合うのは絶対ダメです

大人の薬を子供が飲むと副作用が起こることもあります

薬は体重に応じて飲む量が決められています

子供は肝臓機能が未熟なため大人ほど薬を代謝できない

② 食後と書かれた薬を飲むなら無理にでも何か食べてからの方が良い

正解 ×

昔は胃を荒らす薬が多かったが現在は胃を荒らす薬がすごく少なくなってきました

食後と書いているのは薬の飲み忘れ防止のためです

三食の食事の後と言われた方が忘れにくいというのが主な理由です

1日3回服用する薬は8時間おきで飲むのが理想です

薬によって異なりますかかりつけの医師薬剤師に相談してください

③ 胃腸薬をオレンジジュースで飲むと薬の効果がなくなるからダメ

正解 ○

オレンジジュースは胃の薬を飲む時に胃酸が出過ぎて胃が痛いっていうのありますよね

あれはアルカリ性を入れて胃酸を中和するんですけどもオレンジジュースは酸っぱいので酸性です

だから酸性とアルカリ性が反応して中和してしまいます

胃薬の効果がなくなります

④ 処方された抗生物質は症状が良くなっても飲みきらないといけない

正解○

抗生物質は飲みきらないと今後効かなくなる可能性があります

例えば菌が100匹いて5匹残ったとする

そうすると菌は抗生物質に耐性を持ちます

そうすると耐性菌というのができて次に同じ抗生物質を飲んでもきかなくなります

⑤ おくすり手帳を持参すると薬代は安くなる

正解○

2016年の4月にルールが改正されておくすり手帳で安くなるようになりました

最近では電子版のおくすり手帳があります

スポンサーリンク
pr

⑥ 市販薬でも手続きをすればお金が戻ってくるものがある

正解○

2017年1月からスタートした新ルールです

約1600種類の市販薬が控除の対象になりました

対象商品の見分け方はレシートにマークや説明がつきます

控除を受けられる条件は確定申告で健康診断書などの提出が必要です詳しくは厚生労働省のホームページを確認してください

⑦ 錠剤やカプセルの薬、水がないときはそのまま飲んでも良い

正解×

水なしで薬を飲むと食道に薬がくっつく可能性があり大変危険です

食道で溶けて潰瘍になる場合があります

⑧ 薬とサプリメントを一緒に飲むのは危険

正解○

飲み合わせを間違えると薬の効果がなくなってしまう可能性があります

薬とサプリメントを服用する場合は2時間程度時間を空けてから服用してください

⑨ カプセルの薬はカプセルを外して飲むと効果が上がる

正解×

カプセルには胃酸で薬が溶けるのを防ぎ腸まで届ける役割があります

⑩ 病院で5日分として処方された薬は6日目以降に飲んではいけない

正解○

医師は診察日の容態に合わせて薬を処方しているので期日を過ぎた薬は飲まない方が良いです

⑪ 新しい薬が世に出る確率は約3万分の1である

正解○

新薬の開発がスタートしてから実際に使われるようになるまで9年から17年かかります

新薬の開発費は約1,000億円かかることもあります

⑫ ある症状に効く薬を別の症状のために飲んでも効果が期待できない

正解×

ある症状に効いていた薬が全く違う別の部位で効いたという事が起きています

それを最新の医学の研究で凄く多く見つかるようになってきました

今まである薬が別の病気にも効果があることが続々と判明しています

最新研究で判明したことがあります

解熱鎮痛剤の成分が大腸がんと大腸ポリープの薬になりました

2014年発表の国立がん研究センターによると解熱鎮静剤にも含まれる成分のアスピリンを2年間投与すると特効薬として再発リスクが約40%抑制されました

因果関係はまだはっきりわかっていないです

解熱鎮痛剤をがん治療に用いた場合のメリットは抗がん剤に比べて安いことと既に安全性が確立していることです

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする