ダウンタウンなう[ほぼ生放送で危険なトーク] 5月1日 美容整形外科医のヒミツ教えます

自らも整形済みの美容整形外科医の女性たちが登場

この番組は、ほぼ生放送という緊張感のもと行われている。

ヒミツ:美容整形外科はほぼ100%整形している (ヒミツは全て本人取材より)

この場合はヒアルロン酸注入や

糸を入れてのリフトアップも整形に入る

ヒミツ:テレビ出演している女優やアイドルはほとんど整形している

涙袋や唇にヒアルロン酸など

女性だけでなく男性も二重などにしている。

芸能人が整形するのはデビュー前が多い。

整形してなりたい顔ベスト3を発表

1位 石原さとみ
2位 北川景子
3位 佐々木希

あひる口は10万ほどで作れるらしい。

ゲストのヒロミは、目つきが悪いから整形したいと相談。

すぐに出来ますよ、と簡単に言われる。

ゲストのヴァニラは整形に3,000万円かけたという。

一番お金がかかったのはおでこだという。

ヒミツ:見た目の年齢を10歳若返らせる方法は、たった30分の施術でできる。

方法はヒアルロン酸注入。効果もすぐに出るという。

料金は10万~20万円。

1本打つと、半年から1年持つらしい。

スタジオの美容整形外科医は、自分が何本打っているかを競いはじめる。

SBCにて、今から整形手術をはじめる20代の女性。

目を二重にそしてアゴをシャープにする手術を行う。

生放送中に間に合うように30分で行われるというが、

はたして、どのように生まれ変わるのか。

ヒミツ:美容整形外科医の給料は全ての医者の中でトップクラス。

平均収入は2000万だという。

スタジオの整形外科医は5000万円の時もあったとのこと。

美容整形外科は保険がきかないので、

自分たちで値段を設定することができる。

希望通りの顔にならず苦情がきたらどうするか。

カウンセリングを綿密におこなう。

それでも苦情がきたら、医師のいいと思う顔と

患者さんのいいと思う顔が違っていたと丁寧に説明する。

豊胸手術では100㎝までできるが、皮膚に負担がかかる。

ヒミツ:整形した人のほとんどがまた整形する。

医師の方では、やりすぎを止めないのか?

よく話し合って相談はしているという。

けれど、断られると転々とクリニックを変える人も多いという。

スポンサーリンク
pr

18年間、整形し続ける女性を取材

レミさん(42歳)

いじってないところが、唇とおしりとふくらはぎだけという。

整形は30回以上。

総額1,500万円かかったという。

仕事はIT関係の役員をしながら美容サロンを経営しているのだという。

過去に不細工を理由にいじめられた。

3年前に結婚をし幸せを掴んだ今もなお続けている理由。

「昔の不細工な自分に戻るのがこわいから」

どこまでアンチエイジングできるのか?

80代の人を60代に見せることはできる。

ヒミツ:美容整形外科で本当に腕のいい医者はせいぜい2割しかいない

美容整形に限らずどの医師もそうだが、新人を含め、経験10年以上

となると、それぐらいの割合になる。

ゲストのヴァニラは、整形箇所によって先生を変えていた。

実際は、もっと低い割合だと思う、と発言。

ヒミツ:整形するときは経験年数の長い医者を選ぶのが無難

ヒミツ:美容整形外科医は自分の腕をブログでアピール

ブログに自分が手術した人の写真を載せている美容整形外科医は多い。

今は男性も整形する人が多い。1割は男性。

ヒミツ:整形手術が一番難しい顔はパーツが中心に寄っている顔

パーツを離すという手術法がない。

なので輪郭を小さくしていく。

その場合は200万円くらい費用がかかる。

骨を削った場合でも、夜には食事ができる。

ヒミツ:整形外科手術を繰り返し何度もすると顔が崩れる事がある

鼻の皮膚は厚いようで意外に薄い。

なので何度もすると崩れやすい。

顔の皮膚も年齢とともに薄くなってくる。

ヒアルロン酸やボトックスの注射だけでは

そういうことにならない。

ヒミツ:一番整形したのが分かりやすい場所は鼻と涙袋

鼻は自然な凹凸がなくなりやすい。

目のまわりの皮膚は薄いので、質感が変わってくる。

番組中に整形をした女性。

無事に整形手術が終わった様子。

二重にしてかわいくなった女性。

口元の口角が上がり、あごもシャープになった。

表情が明るく見える。

ヴァニラは、自分ももっと整形したいと話していた。

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする