この差ってなんですか?なんと認識の違いで日本の道路標識は全てがローマ字表記になってしまっていた!!

末っ子は得?生まれ順で人生に差…深田恭子も仰天SP

今週の、この差ってなんですか?は、生まれ順の差です。

MCに、加藤浩次さん&赤江珠緒さん、

パネラーには、土田晃之さん、上地雄輔さん、岡田圭右さん、

指原莉乃さん、潮田玲子さん、塚田僚一さん(A.B.C-Z)、

久本雅美さん、深田恭子さん、の皆さんです。

VTRゲストには、さかなクンさん、鈴木拓さん、六平直政さん、

山口翔悟さん、が出演しました。

最初のコーナーの「外国人に聞いた気になる日本の差」では、

現在日本には在住する外国人が最多の230万人となっていますが、

そんな外国人達が普段日本で生活していて不思議に思った何でこんな

差がという事を教えてもらうために街頭でインタビューしたVTRを

ご紹介したいと思います。

イギリス出身のシャドーさんは、日本に来てまだ間もない頃道に迷って

道路標識にふと疑問におもったそうです。

シャドーさん「道路標識が難しい、例えば、明治通りローマ字だけで

外国人はたぶんそれじゃわからない、アベニュー(Ave)があると

わかりやすい」と同じ道路のはずなのにローマ字で書かれているだけの

標識と英語標識の差、確かに言われてみればローマ字と英語表記の

2種類がありますがその差ってなんなのでしょうか。

スポンサーリンク
pr

認識の違いで!

ここでこの疑問の答えを塚田僚一さんに尋ねると、

塚田僚一さん「これから東京オリンピックでたくさん外国人の方

がやってくると思うんですよ、なのでその時のために新しく

した標識は英語の表記があって、古い標識はローマ字のままに

なっているから!」と大正解します。

1960年の昭和35年に国は国際化を目指し自治体にたいして道路標識に

ローマ字表記を加えてくださいと通達がありました。

その際に国は、地名など固有名詞はローマ字で「通り」などの一般名詞

は英語で表記するように伝えたつもりが何と認識の違いで全てローマ字

での表記に標識がなってしまったのだそうです。

そこで2013年に再び英語表記に変更することになったのですが、

明治アベニューにすると逆に日本人がわかりずらいと言う事で

ローマ字表記と英語表記の2種類が混在するようになっている

のだそうです。

一度作ってしまった標識を全て作り直すのはあまりにもコストが

掛かってしまうのでそのままにした結果その標識になれてしまった

日本人が逆に新たに新しく全てを英語表記にしてしまうと外国人から

明治アベニューはどこですかと聞かれても分からない人が多いい

のではと言う事で2つが混在しているとの事ですが英語表記だけで

いいような気がしました。

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする