ハナタカ優越館!日本人の3割しか知らないこと やくみつる・小島慶子も?偏差値や学校や受験のあらゆる秘密、伊沢拓司ら高学歴卒受験必勝法

日本人1500人から得た受験方法や学校に関する驚愕事実13点

日本人約1億3千万を統計学をもとに計算し、サンプルとして必要な1500人以上で調査。

世間に出回ってる情報の認知度をネットや街頭インタビューで調査し日本人が3割しか知らな

い以下の13点についてクイズ。

MC くりいむしちゅー 解答者 やくみつる、ケンドーコバヤシ、小島慶子、水野美紀、中丸雄一、足立梨花

1、保育園と幼稚園は全然違う

2、偏差値は公共機関が決めていない

3、教室の向きに込められた心遣い

4、学校のウサギに衝撃の事実

5、校長先生の長話に隠された秘密

6、時代と共に変化した色がある

7、ものさしと定規は全く違う

1について「幼稚園は文部科学省、保育園は厚生労働省」、小島慶子さん見事ハナタカ。

2について「それぞれの予備校が独自に作成」、

3について「日本は右利きが多く、窓の向きが逆向きだと影でノートが見づらいので黒板に

向かい左側が窓」やくみつるさん見事ハナタカ。

4について「食料や毛皮として明治時代や戦時中学校等で飼うことを政府が奨励」

5について「時期の参考文等全文章が長いのでマニュアル通りにいかない」

6について「時代と共に肌色といわなくなり、ペールオレンジやうすだいたい色というように

なり、グローバル化に合わせ2000年代から肌色という名称は廃止」

7について「ものさしは長さを測るもの、定規は線を引く」 有田さん見事ハナタカ。

8、家で最も勉強に適した場所は?

9、勉強や仕事前集中力アップの行動?

10、あれだけで簡単に集中力が上がる?

11、お茶漬けのあられに意外な事実

12、天井には授業に役立つ工夫?

13、階段にはあれがないとダメ?

8について「リビングでの勉強は心理学の専門家によると人に見られている緊張感から集中力

が高まる」 。

9について「脳の約8割は水分で通学や通勤で不足した水分を補うと約10%の点数が良い

難しい問題の正解率が高い」。

10について「暗いと情報が制限され集中でき仕事にも活かせる」中丸さん見事ハナタカ。

11について「お茶漬けの役割は発売当初乾燥剤の役割があった」やくみつる、小島慶子正解。

12について「吸音天井ボードという教室の穴は音を吸収し声の反響を防ぐ」やくみつる正解。

13について「踊り場があるのは大勢での緊急避難の一時的な待機場所は安全の為」

スポンサーリンク
pr

伊沢拓司・天明麻衣子・日高大介高学歴の受験必勝法と裏事情

1、あの参考書で成績が上がる?

2、苦手科目が克服できる順番がある?

3、休憩のタイミングで成績が変わる?

4、知れば合格?東大生の勉強法

1について「イラストや漫画は記憶に残りやすい」(クイズ作家日高大介・東大卒伊沢拓司)

2について「最初か最後だと記憶に残りやすい」(美人学力賢者天明麻衣子)

3について「問題を読み終えたら休憩、休憩中でも無意識に問題を考える」(クイズ作家日高

4について「難しい問題より基礎問題をしっかり固める」(東大卒伊沢拓司)

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする