マツコ会議 総集編。これまでマツコが見つけてきた強烈キャラクターのその後に密着!ドSウグイス嬢から、ポールダンス女医まで盛りだくさん!

今夜のマツコ会議は、強烈キャラの総集編

マツコ会議
今週はこれまでの総集編。
マツコが見つけてきた強烈なキャラクターのその後に密着。
その日常に迫る。

スポンサーリンク
pr

ドSなウグイス嬢が、本当の試合でアナウンスデビュー

まずはウグイス嬢養成学校で見つけた、Sキャラすぎるウグイス嬢。

教える先生はオリックスのセクシーすぎるウグイス嬢として話題に。
ただし、セクシーキャラは先生だけで、生徒たちにはそれぞれ独自のキャラを持つように教えている。

個性的な生徒の中に、爽やかキャラでアピールする女性:森田愛さんが。
しかし、爽やかはあまり似合っておらず、マツコがSキャラへのチェンジを提案。

「(高圧的に)一番、ショート、鈴木」

これがぴったりとはまる。

そんなSキャラの森田さんが本当にウグイス嬢デビューするというので密着。
デビューするのは関西独立リーグの試合。
兵庫ブルーサンダース VS ゼロロクブルズ

選手紹介からドSキャラ全開。
選手は失笑も「がんばらなきゃアカンとは思う」らしい。

元巨人軍の石毛コーチも
「こういうことで話題になって、お客さんが来てくれるのはいいこと」

今後もドSキャラ森田さんのウグイス嬢は続いていく。

マツコも認める札幌の逸材オネエ やすおちゃん

続いては札幌の女子高生に人気のカフェで出会った、高2のおとこのこ、やすおちゃん。
とても中性的な雰囲気とファッション。
へそ出しルックに、下半身はアメリカ国旗を巻いている。

普段学校では化粧もしないし、まともな格好をしているというやすおちゃん。
でも本当はスカートもはいてみたい。

マツコはそんなやすおちゃんに、自分に近いにおいを感じ取る。
女みたいな格好をしたいと思うけど、別に女になりたいわけじゃない。

マツコ「でもあたし、あそこまでハードじゃなかったw」

16歳にしてベテラン臭があるやすおちゃん。

一緒にいた友達は、こーめいくん。
USBケーブルをベルトとして巻いているこちらも個性的なファッション。

マツコ「彼はまだファッションよね。でもやすおちゃんは思想なのよ」

じっさいこーめいくんは女の子が好きな普通の男の子。
やすおちゃんは小3で、自分がちょっと違うということに気付いた
小3できづくと、オネエもかなりのエリートとして育つようだ。

マツコ「あんたは私と同じ43になったとき、私とは比べ物にならないくらいの化け物になってるわよw」

そんなやすおちゃんの日常に密着。
実家は苫小牧。
取材の日のファッションはオクラ柄の洋服。

苫小牧でも派手なファッションで歩いたりはするが、おじさんに、
「お前男か?そこら辺の女子よりかわいいぞ」と褒められたことも。

向かう先には友達の女子。
放課後は友達と恋バナをするのがお気に入り。
アルバイトはリサイクルショップでレジ打ちをしているやすおちゃん。
いじられながら愛されている。

そんなやすおちゃんは、現在ファッションデザイナー目指して勉強中、
がんばれ、やすおちゃん!

ポールダンスが趣味のミステリアス女医

最後は、赤坂のポールダンス教室で見つけた、出戻りミステリアス美人女医。
ポールダンスを披露も、妖艶で魅惑的。

そんな先生の日常に密着。
病院では当然白衣。
専門は美容外科。

年齢を聞いたスタッフには強烈なダメだし。
「あたしに年齢を聞く男は、例外なくダメな男」

仕事野帰りの自宅にも潜入。
都内高級マンションの高層階。
屋上にはヘリポートとプール、ジャグジーがある。
夏は水着でプールパーティーをするらしい。

「あのプールでデートするの。いやらしいでしょ?」

実はこの先生、子供もおり、9月で17歳。
しかも開成高校に進学した秀才。

現在彼氏はいないが、いろんな国にお世話係の男性はいる。
とにかくモテモテ。

寝室にはポールとバレエのバーが。
自宅でも、ショーのために踊っている美人女医だった。

今週のマツコ会議議事録
「女医が踊る、怪しいハロウィンパーティーの様子を公開」

次週は、主婦に大人気。バーレスク教室に潜入!

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする