世界一受けたい授業!写真界の第一人者、篠山紀信先生が初来校!誰でも上手に撮れる写真術!

写真界の第一人者、篠山紀信先生が初来校!

今週の、世界一受けたい授業は、キャストに、校長、堺正章さん、

教頭、上田晋也さん、学級委員、有田哲平さん、

パネラーには、押切もえさん、賀来賢人さん、ケンドーコバヤシさん、

田牧そらさん、藤田ニコルさん、宮崎美子さん、の皆さんです。

今回は、写真界の第一人者、篠山紀信先生が初来校です。

誰でも上手に撮れる写真術を授業します。

篠山紀信先生は、激写と言う言葉で流行語大賞にもなっていて、

週間朝日の表紙写真を19年間も担当していました。

そんな篠山紀信先生が撮影した著名人の写真集だけでも

300冊以上になるのだそうです。

そのなかでも宮沢えりさんの写真集は日本歴代第1位となる

165万部を売り上げる社会現象にもなったそうです。

また、1980年には、オノ・ヨーコさんとジョン・レノンさんの

アルバムの「ダブルファンタジー」のジャケットを撮影した

のも篠山紀信先生なのだそうです。

篠山紀信先生は写真家として世界中にその名が知られている

写真のプロフェッショナルなんです。

今回はそんな篠山紀信先生が誰でも簡単にいい写真が撮れる

その方法を教えてくれます。

スポンサーリンク
pr

誰でも簡単にいい写真が撮れる方法!

篠山紀信先生と校長の堺正章さんは面識があり45年前に写真を

撮ってもらっているとの事で番組では、若い頃の校長堺正章さん

の写真が公開されていました。

そして、いい写真を撮るテクニックその1は、撮影場所にこだわるです。

篠山紀信先生が最近一番印象に残ってる人物は、昨年の紅白歌合戦

にも出場した欅坂46のセンターを務める平手友梨奈さんだそうです。

その印象に残っている写真は、平手友梨奈さんがセンターになる前に

撮った写真だそうです。

スタジオで出された問題には大勢の力士達の集合写真で手前から遠くの

奥の方の力士までピンとが全て合っている写真が出されます。

それは普通の撮影方法ではありえない事なのでそうですが、

全ての人にピンとを合わせた方法はいったいどうやって撮影したの

でしょうか?と言った問題でした。

皆さんは分かりますか?

正解は3台のカメラを並べて同時に撮影したそうです。

その写真を後で重ねて1枚の写真にしたそうです。

次の問題は、篠山紀信先生が撮らない方法があるのだそうですが

その方法とはなんでしょうかと言った問題です。

皆さんは分かりますか?

正解は、無駄な写真は撮らないのだそうです。

と言うのもここだと思った瞬間撮るのが一番その人物の

内面が撮れるのだそうです。

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする