この差ってなんですか?新年第1弾真冬に気になる差の知識!甘いミカンと普通のミカン、冬限定のメルティーキスと1年中販売されているメルティーキスの差!!

真冬に気になる差の知識!

今週の、この差ってなんですか?は、レギュラーパネラー、土田晃之、上地雄輔、

準レギュラーパネラーには、岡田圭右(ますだおかだ)、

パネラーゲストに、阿部サダヲ、キムラ緑子、ロッチ、松下奈緒、松本伊代、

VTRゲストには、さかなクン(国立大学法人 東京海洋大学 名誉博士)、

谷花音、谷花厘、遼河はるひ、

専門家ゲストには、川嶋 朗(東京有明医療大学 教授)、

高橋万太郎(株式会社伝統デザイン工房 代表取締役)、

田村淳子(ハーゲンダッツジャパン株式会社 マーケティング本部マネージャー)、

苗加博治(株式会社ザンター 常務取締役 営業部部長)、

野村純也(株式会社学研プラス ゲットナビ編集長)、

比金直也(山芋の多い料理店 代表)、

船山慶(株式会社明治 菓子マーケティング部)、森田正光(気象予報士)、

の皆さんが出演されました。

司会は、加藤浩次と赤江珠緒のお二人です。

皆さんは真冬に気になる差の事でこの差って気になったりしませんか?

例えば甘いミカンと普通のミカンの差って気になったりしませんか?

実はこの差を見分ける方法があるんです、それは、ミカンのおへそ部分に

緑の木とつながっていた部分がありますよね、その中心にあるマルが小さければ

小さいほど甘いミカンなのです、この差知ってましたか?

中心のマルが大きいミカンは木から水分が入りすぎて甘さが薄まってしまうのです。

スポンサーリンク
pr

冬限定菓子と1年中販売されている菓子の差!

この時期コンビニのお菓子コーナーなどに行くと冬限定と書かれて表示されたお菓子

があります。

その中でもよく見かけるのが冬限定のチョコレートです。

1年中販売されているチョコレートと冬限定のチョコレートのこの差って知っていますか?

それを株式会社明治菓子マーケティング部の船山慶さんに尋ねてみると、

船山慶さん「冬限定のメルティーキスと1年中販売されているメルティーキスのチョコレート

では、溶ける温度に違いがあるんです」

パッケージの裏を見てみると、そこには保管温度の表示部分に冬限定のメルティーキスには、

23度以下で、と記載されています。

いっぽうの1年中販売されているメルティーキスには、28度以下で、と記載されています。

チョコレートは口の中に入れた時溶けるのが早い方が口全体に広がるので美味しく感じる

事ができるそうです。

しかし、夏場などは店頭で溶けてしまう恐れがあるので冬限定としてのみ販売されている

そうです。

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする