ケンミンSHOW&ダウンタウンDX合体ー日本人が一番好きかも?栃木県民熱愛佐野ラーメン!!

栃木県佐野市の名物!佐野ラーメン

栃木県南部にある佐野市!

佐野市には佐野厄よけ大師が有名です。

その佐野市には、栃木県民が熱愛するグルメがあるのです。

餃子だけではないんです。

まずは…

じゃがいもに衣をつけてあげるだけの”いもフライ”串を刺したじゃがいもフライです。

そして…

”佐野ラーメン”

佐野ラーメンの見た目は、透明なスープに、具はオーソドックスな焼き豚にほうれん草とメンマとなるとのみ!

いたってシンプル。

佐野ラーメンってあまり聞いたことはでいですが、佐野市内にはあちらこちらに佐野ラーメンの看板が!

なんと、佐野市は人口1万人あたりのラーメン店数が日本第1位のラーメン大国なのです。

スポンサーリンク
pr

佐野ラーメンの魅力は?

佐野ラーメンの魅力は、麺にあります。

見てみると、ピラピラの平たい麺です。いったい、これは何か?

この麺は平打ち縮れ麺。また、麺の太さが一定ではなく、太いのと細いのが混ざっているのです。

この太い麺と細い麺が入り混じっていることで、麺が口の中で踊っている感じがして、とてもおいしい!

そして、この麺のおいしさには、もう一つ佐野市ならではの秘密が!

それは佐野市の水雑炊は井戸水で、名水百選に選ばれるほどの名水。

この名水を使って作っているので、他の土地では真似できず、他の県にあまり見かけない理由です。

麺の作り方にも特徴が!

麺は各自のお店で手打ちされています。

小麦粉と佐野市の名水を混ぜ、2時間寝かします。

その後、なんと太い青竹でを足にはさんでジャンプしながら、麺を打っていくのです。

孟宗竹で打つことで、グルテンをこわさず、独特のコシがでるのです。

佐野ラーメンはどうやって誕生したのか?

大正初期に、中国人の方が広東省で作ってた麺の作り方を伝授し、青竹打ちの麺ができました。

また、佐野市はそばと小麦の二毛作をしていたとから、小麦の産地だったこと。

そして、佐野市の名水。この3つが合わさって、佐野ラーメンが誕生しました。

日本人の味覚にもっともあっている佐野ラーメン?

佐野ラーメンの本当の魅力は、黄金の透き通ったスープ。

さっぱりとしたスープなのに、コクがある。

そして、麺の表面がなめらかなので、ツルっとしたのどごし。

お店によっては、太さの違う竹を使って麺を打つところもあって、

細い麺はすっと、太い麺はゆっくりとのどに入っていき、

噛むとくちゅくちゅとしてなんとも言えない食感が…

日本人に一番合う、日本人が一番好きなラーメンではないでしょうか?

一度、栃木県の佐野市に出向いて食べてみられてはいかがでしょうか?

はまってしまうかもしれません!

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする