プレバト!!俳句の才能査定ランキング!番組史上最高傑作が藤本敏史によって誕生!?

俳句の才能査定ランキング!

今週のプレバト!!は、MC浜田雅功、豊崎由里絵、ナレーター銀河万丈、

ゲスト出演者に、秋野暢子、朝比奈彩、小椋久美子、藤田紀子、宮田俊哉、

向井慧、山下真司、特待生には、杉本彩、藤本敏史、

専門家で先生の、夏井いつき、です。

今回のお題は、秋らし「箱根のすすき」です。

そして、今回は、才能アリが1人、凡人が3人、才能ナシが1人となっています。

それでは、初めは、凡人で第2位の60点は、向井慧さんでした。

こちらがその作品です。「 髪な靡き 尾花の奏で 壮大に 」

夏井いつき先生の査定が「詰め込みすぎ」だそうです。

先生の手直しがこちらになります。「 髪へ来し風は 尾花を 奏でゆく 」

ポイントは、言いたいことを詰め込みすぎると伝わりにくくなってしまいます。

続いては4位の凡人は、45点で、朝比奈彩さんの句です。

こちらがその作品です。「 気が付けば すすきの穂の先 頬をなで 」

夏井いつき先生の手直しがこちらになります。「 われ二十歳 すすきの穂先 頬をなづ 」

続いての、ただ一人の才能ナシの最下位は、25点で山下真司さんの句です。

こちらがその作品です。「 箱根山 ふきくる風に 何想う 」

この句にたいして特待生の藤本敏史さんが「山下さん、季語ねーじゃん!

毎週ほんまにプレバト観てます?」と突っ込んでいました。

スポンサーリンク
pr

番組史上最高傑作が誕生とは!?

そんな才能ナシの山下真司さんの作品に対して、夏井いつき先生は、

「その程度しか見てくれてないのだなと、もう少し言わさせて頂くと、

なぜ「やま」がひらがななのかなと? 箱根が書けて山が書けないはずないですよね?」

と、あきれてしまった様子でした。

夏井いつき先生の手直しがこちらになります。「 箱根山 すすき吹きくる 風の色 」

続いては、凡人の第3位は、50点で、宮田俊哉さんの句です。

こちらがその作品です。「 バス降りて 金風香る 箱根道 」

夏井いつき先生の手直しがこちらになります。「 バス降りて 金風香りくる 箱根 」

続いては、第1位の才能アリは、70点で、秋野暢子さんの句でした。

それでは、才能アリ第1位の秋野暢子さんの作品がこちらになります。

「 手をとって ちいさな母と 芒腹 」

夏井いつき先生の査定がこちらです、「丁寧に描写している、まず、手のアップから始まって

親と子の光景が浮かんでくる語順が上手い、そしてこの「と」と使った事で映像が映画の

ワンシーンのように広がってくる」直しはないとの事です。

そして特待生藤本敏史さんの昇格試験では、「 羊群の 最後はすすき 持つ少年 」

の句で1ランクアップし、名人2段に見事昇格しました。

夏井いつき先生の査定が、「素晴らしい、これは本当に感心した、この3年にわたって

一番いい作品と言っても過言ではない!」とお褒めの言葉を頂いていました。

スポンサーリンク
pr
pr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です