ホンマでっか!?TV 太りやすい人と太りにくい人の違い!最新技術を駆使してがん手術のリスクを軽減&早期発見!2016年10月26日

チョコレートをよく食べる人は実は太りにくい!?

(フランス・AFP通信)

生物学・池田清彦先生によると、
アメリカの医学界の内科の専門誌が集めた
20歳から80歳くらいの人約1000人のデータから、
チョコレートを食べる回数が多い人が
少ない人より痩せていることがわかっているという。
これは、チョコレートの中に代謝を高める物質が入っていると推測しているため。
カロリーやチョコレートの種類は関係ないという。

ちなみに、パネラーのマツコ・デラックスや渡辺えりは食べないという。
キムラ緑子はチョコを食べていて、実際にスタイルが良く痩せている。
ブラックマヨネーズ小杉はポテトチップス派で、
吉田はポテトチップスを食べていて痩せているが、
ニキビができるらしい。

チョコレートを常に用意する
脳科学・澤口先生によると、
霊長類は他に比べて摂取カロリーの半分で一生を過ごせる。
人類は、代謝を増やして脳が発達したらしい。
すなわち、デブは馬鹿だという。
運動系に関する脳領域の代謝が多い人、
すなわち運動神経のいい人は、IQが高い、そして痩せている
ここで、マツコが「澤口先生は終始デブは馬鹿と言っている」と指摘。
澤口先生が「マツコさんが馬鹿とは言っていない」と弁解すると、
マツコが「先生の言うこと半分聞いていない」と返した。
思いのほか落ち込み涙ぐむ澤口先生。
マツコが「冗談」と必死でフォローする始末。

統合医療・亀井眞樹先生によると、
FTOという肥満が一番関連する遺伝子で、
体重が約1kg影響するという。
環境次第で、こういった遺伝子のスイッチが
オン・オフと切り替わり、
これが肥満に関係するという。
先生曰くショッキングだった例として、
父親が餓死状態で生活すると
精子の遺伝子が切り替わり、
母親の卵子と受精したときに、
卵子の遺伝子情報の影響がないにも関わらず、
父親の飢餓状態という情報が遺伝子に残ってしまう。
すると、その遺伝子を受けた子供が
食べ物をためやすい体になり肥満
となる。

経済・門倉貴史先生によると、
太っている人にデブは病気と言うともっと太る
アメリカの医師会が2013年の夏に、
患者さんに深刻さを理解してもらうように
「肥満は病気である」と発表した。
アメリカのリッチモンド大学が調査した結果では、
700人以上の人に、
「肥満は病気である」「肥満は病気ではない」
「肥満と体重(の関係。病気か否かは主張無し)」といった
3つの論文のうち1つを読んでもらい
食事を提供したところ、
「肥満は病気である」という論文を読んだ人が
途端にカロリーの高い食事をとった
という。
これは、「病気だったら仕方ない」と思うためで、
ダイエットどころか暴飲暴食に走ってしまうという。

脳科学・澤口先生によると、
10代のころに親から「太りすぎ」と言われた女の子は太る
具体的には、10歳の時に母親に「太りすぎ」と言われた女の子は
19歳の時に肥満になる可能性が1.66倍になるという。
補足で環境・武田邦彦先生によると、
母親が否定的な言葉を先に言うと、
そのあとの言葉は関係なく
子供はその言葉だけをとらえて育つという。

また、武田先生によると、
少し肥満気味の人は
硬い食べ物を食べたほうが
脳が満足し食べる量が減る

満腹感を感じるのは食事をし始めてから約30分後で、
それを感じる前に食べて太る傾向にある。
噛む回数が多いと、満足感を早く感じ、
食べる量を減らせる。

ここで、初登場、骨格筋評論家・岡田隆先生が紹介される。
ボディビルの日本社会人選手権で優勝した経験がある。
先生は、動いてエネルギーを消費するという
減量の基本原則を忘れてはいけないと主張。
例として、自転車のサドルを一番低くし、
前かがみになってこぐと、
大きな筋肉である太ももの筋肉を使うため
カロリー消費量が上がる

印象・重太みゆき先生によると、
カフェに行ってからジムに行くとやせやすい。
仕事帰りなどで、ランニングをただ一生懸命頑張っても
スタイルがいいとは言えない人が多い。
運動前に、ブラックコーヒーを飲んで
約30分後に運動すると、
脂肪燃焼がアップするという

岡田先生もこの方法を実施しているが、
マツコは「ああはなりたくない」とコメントし笑いを誘った。

分子技術・山本尚先生によると、
糖尿病の人は糖が尿を通じて
体外に出るので減量にはいい。
血液の糖は腎臓を通過した後に、
尿細管から毛細血管が糖を再吸収するため、
これを止める薬ができれば効果的。
自身の卒業生が
アメリカの製作会社のチームで、
こういった糖尿病の薬が
抗肥満薬になる可能性があることを発見した。

ここで、生物学・池田先生が
マツコに間食の有無を質問。
マツコは間食はなく、1日2食だという。
続けて先生は、2食なら痩せているはずで
同じカロリーでも
食事回数が多いと太りやすい
と主張。
これは、小分けですべての食事を吸収するため。
反面、1日2回の食事なら、
一気に食べるので消化吸収しにくく
そのまま便として出る

ただし、相撲の力士は例外で、
稽古の後に空腹になってから食事をするため
全てのカロリーを吸収する。

骨格筋・岡田先生によると、
姿勢を見るだけで痩せやすいかがわかる。
姿勢は、筋肉で保つパターンと骨で保つパターンがある。
例えば、猫背の人はお腹と胸で支えている一方、
背筋を張る人は脊柱起立筋で支えていてエネルギー消費をしやすい。
そのため、猫背の人は太りやすい。

印象・重太先生によると、
肩甲骨が閉じていると太って見えない。
調査で、後ろ姿で体重を当てるクイズを実施しており、
実際の体重より少なく見られる人は
肩甲骨が閉じている人であることがわかっている。
これにより、先生は肩甲骨を閉じる体操を推奨している。
1.両手を肩に乗せる。
2.後ろに肩を10回回す
(肩甲骨が飛び出るようにしないといけない)
3.10回×1日3回
これをやると、肩甲骨が飛び出て痩せて見える。

統合医療・亀井眞樹先生によると、
太りやすい体質と太りにくい体質を選べるという。
コペンハーゲン大学の研究チームが、
BMI約31.8(肥満)の人と
BMI約22.9(普通)の人の
遺伝子のオンオフを調査したところ、
遺伝子のスイッチのオンオフは9000ほど違っていた。
肥満の人にバイパス手術を施すと、
1週間で1500ほどのオンオフが変わり、
1年で4000ほどの遺伝子のオンオフが変化した。
これにより、バイパス手術など急激なダイエット方法では
体質は変わらず、
ゆっくり長い時間をかけたほうが体質改善にはいい。

骨格筋・岡田先生によると、
普通に腹筋運動をしても
くびれはできない。
お腹をへこませてひねるとくびれができるという

スポンサーリンク
pr

研究一筋!!学部の㊙常識ホンマでっか!?

最新技術・VRを駆使してがん手術のリスクを減らす!

医療技術開発一筋20年の杉本真樹教授からクイズ;
今流行りの○○を駆使してがん手術のリスクを減らせる!?
正解は、VR(バーチャルリアリティー)
レントゲンからデータを作成して3D化することにより、
VRで体内について学習することができ、
手術の完成度を高められるという。

現在、表面から内部まで
体のデータを3D化することができ、
スクロールで切り替えて表示することができる。
ズームと角度も変えられる。
精度は0.2mmから0.3mm。
ちなみに、スタジオで紹介されたデータは
杉本先生本人の身体をもとにした。

この3Dデータは、
CTスキャンの機械に30秒間入るだけで作成できる。
また、VRを装着した
ゴーグルの左右のレンズを覗くと、
360度3D画像を見渡すことができる。
小杉も「わーっ!」と叫ぶほどの
細かさと奥行きのすごさだ。
これにより、開腹しなくても体内を観察できる。

今のようなゴーグルでなくても、
3Dメガネでデータを観察できる。
このメガネには、顔の動きを検出する反射盤がついており、
かけることでどの角度からも
手前にデータがあるように見える。
また、タッチペンで、
この3Dデータを
別画面(zSpace)で確認しながら
メインの画面から取り出すことも可能。

手術の完成度が高められるというのは、
手術で開腹後に
レントゲンと様子が違う場合が多く、
経験の浅い医師は3Dデータのほうが
実感がわきやすいため
手術を迷わず施せる。
またこのデータは、
医師同士の議論や患者への病気の説明にも活用できる。

手術の練習には、
3Dプリンターで触感を再現し
作った臓器模型で、
手術の失敗を減らす。
実際に電気メスでキルト、出血する。
患部が忠実に再現されるため、
何度も練習して本番に臨むことができる。
ちなみに、重さも忠実に再現している。

血液一滴だけでがんの早期発見!

消化器内科一筋24年の吉田優先生がクイズ;
大腸がんは○○○○○を検査するだけで早期発見できる!?
正解は、一滴の血液

現在は研究段階で
来年には実用化されるという。

先生によると、厚生労働省「人口動態統計」で
がんの部位別の死因で、
男性3位、女性1位なのが
「大腸がん」

(「肺がん」が男性1位、女性2位、
「胃がん」が男性2位、女性3位)

大腸がんは早期発見できれば
手術が可能で治療ができる。

人間は、細胞の遺伝子からたんぱく質を作って
代謝物を動かし生命活動をする。
ただし、がん細胞は特異な遺伝子を持ち共存しており、
血液に流れる遺伝子をすべて調べて
小さな異常を見つけるのは非常に困難。
しかし、がん細胞は特異なたんぱく質を作るとしており、
それが作用する代謝物を見つけることで早期発見につなげる。
大腸がんに関連する4つの代謝物を
数式にあてはめ、数値で判定する。
これらの物質の値を入れて、
計算した後の数値が一定以上あるとがんであると判断できる。
これにより、早期の大腸がんが
95%の確率で発見
できる。

コストは、大腸がんのみなら
1万円から1万5千円。
この検査ではポリープなど
実際に目に見えるもののみを発見でき、
将来はコンピューターで自動的に検査することができる。

がん細胞をピンポイントで破壊!

悪性脳腫瘍治療一筋36年の宮武伸一先生がクイズ;
がん細胞を○○○○して破壊できる治療法がある!?
正解は、狙い撃ち

悪性脳腫瘍(がん)は
脳の正常な組織に入り組んで存在しており、
この部分のみを破壊することは
現在のX線治療では不可能。
よって、このまま治療すれば
正常な組織も破壊することになる。
再生もほとんどしない。

そこで、宮武先生が開発している治療法が
BNCT(ホウ素中性子捕捉療法)。
がん細胞が好むアミノ酸に、
ホウ素化合物という薬を
点滴を通じて投与し、
原子炉から中性子を照射して
薬と反応させ、
がん細胞を爆発させるというもの。
正常な細胞は
ホウ素化合物を蓄積しないため、
これを蓄積するがん細胞のみが
中性子で破壊される。
無論、正常な細胞への損傷はゼロではないが、
これを回復させる薬も開発されている。

先生は、BNCTの活用例として、
手術、放射線治療、抗がん剤を経ても
再発する患者さんの脳を挙げた。
この人の脳にBNCTを施すと、
48時間後に腫瘍が縮小したという。
正常な組織にもダメージがない。
余命4ヶ月弱の患者さんも、
2年前に治療を受け職場復帰したケースもある。
現在は、原子炉を使わない
小型の加速器を開発、治験している。
ただし、薬の副作用として、
毛根にダメージが残るらしい。

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする