林修の今でしょ!講座 米倉涼子主演、ドクターXの難関手術は実話だった!加藤友朗スーパードクター

医学史に残る神手術と日本医療の最前線に林修が質問しまくりスペシャル

今日は

臓器のスーパードクター

不可能を可能にする天才外科医ドクター x のモデルにもなった不可能を可能にする奇跡の外科医

世界が諦めた7歳の少女を救った神の手

肝臓小腸のスーパードクター加藤友朗先生

ドクター x シーズン2の最終話で描かれた大門未知子が過去最大級の難手術に挑む

ドラマのシーンは加藤先生が実際に行なった手術がモデルとなっています

ヘザーマクナマラちゃん7歳

ヘザーちゃんの腫瘍は内臓の血管に絡みつくように出現しています

多くの医師から手術は不可能だと宣告されました

しかしこの病気に立ち向かった日本人医師がいたんです

それがアメリカコロンビア大学医学部教授

加藤友朗先生

1000件以上の移植手術を成功したとして名を馳せていた

腫瘍が二本の動脈に絡みついていた

腫瘍を取るためには動脈を切っちゃうしかない

動脈を切ると6つの臓器に血流が途絶え壊死してしまう

だからそれで手術できないと考えるわけです

加藤友朗先生の神手術の方法は、6つの臓器を体外に出しもう一度体内に戻す

臓器の後ろにある腫瘍を摘出するために一旦6つの臓器を腫瘍ごと一気に取り出す

そして作業がしやすい体外で腫瘍を切除した後、使える臓器だけを再び体内に戻す

前代未聞の手術方法です

加藤先生は発想の転換で1000件以上やっていた臓器移植のテクニックを応用しました

臓器移植で使う技術を使えば血流がなくても臓器は生き続けられる

そこで体外で腫瘍を切ってしまって臓器を元に戻す

ここで最大の難関がある

それは一旦臓器から切り離した血管を再び縫い合わせる作業です

配線を上手くつなぎ合わせないと、車が走らないのと同じように血管をつなぐ事も臓器を再び正常に働かせるためには絶対にミスができない

手術開始から23時間

手術が成功しヘザーちゃんは今も元気に暮らしています

加藤先生の手術は奇跡の手術つとして全米に知れ渡ることになりました

米倉涼子出演のドクターxの手術は実話だった!

スポンサーリンク
pr

スーパードクターに聞きたい臓器の疑問

① 臓器を体内に出すとどうなる?

臓器が体外で持つ時間は保存液につけて10時間ぐらい

しかし臓器がない体に負担がかかるので臓器を戻すまでの時間は3時間以内と言われています

② 腸に関する新発見は?

腸内細菌についてが最近色々とわかってきました

病気と腸内細菌が関係あるという話が随分出てきました

昔は腸内の細菌がたくさんあることが分かっていたがどれだけあるかは分かっていなかったです

最近では細菌のパターンによって病気になる人がいたりします

腸内フローラ最近よく聞くようになりました

腸内にいる種類は100種類以上と言われた数は100兆個です

腸内フローラとは腸の中には膨大な細菌がひしめき合っていてその様子がお花畑に似ていることからです

健康な人の便を内視鏡で大腸に注入し腸内環境が良くなり症状の改善に期待ができると言われています

商品化されようとしている件もあります

加藤友朗先生のオススメは

ちょっと前に流行った紅茶キノコ

紅茶を使った発酵食品で腸内環境を整えビフィズス菌やフェカリス菌などを含んでいると言われています

腸を元気にする食事方法は1つに偏らず様々な菌を取り入れることです

③ips細胞で実現できる臓器は?

Ips細胞で一番早く実現できる臓器は肝臓だと思います

肝臓は面白い臓器で再生します

肝臓の切除手術をして2ヶ月ぐらいすると大きさが元に戻ります

肝硬変になると再生できない

ips 細胞で修復できないか研究している人はたくさんいます

肝臓は結構近い将来できるようになると思います

④ 模型などを使って手の動きの訓練をするの?

いや模型使って練習はしない

模型と実際に体の中で言うのとは全然違います

まずは人の手術を手伝うところから始める

指導医が厳しくチェックしながら極力若い医師に手術をやらせて経験を積ませます

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする