がっちりマンデー スキマビジネスとは?自治体の空いてるスペースを広告!?屋上バーベキュー!?

儲かるスキマビジネス!

スキマは儲かりのネタがありそうです

しかし儲かるスキマを見つけるのが大変です

いるんです隙間を見つけてガッチリな人たちが!

儲かる隙間に大変身させたがっちりな企業を大紹介します

実は身近に隠れている儲かるスキマビジネス

①株式会社ホープ

福岡県福岡市

株式会社ホープはどんな隙間でがっちりなのか?

自治体が保有している無駄な隙間でがっちりです!

例えば給料明細書

自治体の余っているスペースに広告を入れることです

公務員の給与明細の空白のスペースに広告を入れることです

民間企業の広告を載せることを思いつきました

公務員の給与明細は誰がもらうかと言うと100パー公務員なんですよ

公務員の方々は非常に収入も安定している

例えば横浜市だったら横浜市の民間企業と広告主もターゲットが絞りやすく的確に広告が出せる

給与明細の広告4社も載せています

株式会社ホープはそれ以外にもあらゆるを役所が出している紙の隙間を広告にしました

自治体の書類などを入れる封筒の裏に広告を入れたり、自治体指定のゴミ袋に広告を入れたりしています

自治体が出している紙はどういう人が見るか決まっている

広告が低コストで出せます

広告を出す企業に人気です

珍しいもので言うと婚姻届の書き方の説明の紙があります

裏には不動産の広告があり、ターゲットを絞りやすく企業にもお得です

地方自治体にもメリットがあり、中には年間1000万円以上の広告収入を得ている自治体もあります

広告を載せる企業にはこんなメリットがあります

自治体の印刷物の広告は誰でも出せるわけではありません

歴代サイドも一定の審査をします

だから信用度の高い広告が出せます

会社のブランディングとか信用の向上にはひとつ大きなメリットがあります

自治体から届く紙は意外と捨てないから、広告の長い間見てもらえます

株式会社ホープは2005年に時津社長が学生時代に一人で立ち上げた会社です

今は全国329の自治体と契約してます

年間売上でも15億円以上です

今年、上場しました

スポンサーリンク
pr

実は身近に隠れている儲かるスキマビジネス

②株式会社G-style

東京都渋谷区

スキマは、なんですか?

ビルの屋上です

雑居ビルの屋上バーベキュー会場にすることです

なぜビルの屋上でバーベキュー?

全部セットのレンタルでお肉込みのプランがあるので簡単にできる

屋上バーベキューは食材や機材は準備してくれます

会場となる屋上は駅から徒歩10分圏内です

電車で来れるからお酒も飲めるってわけです

料金はどれくらい?

食材と機材込みで一人2時間で4500円です

駅から近く手ぶらでオッケーなので大学生や社会人に人気です

景色は東京スカイツリーを見ながらバーベキューをしたり、都心のネオンを見たりビルの屋上には景色のいい隙間が結構あります

都心のビルの屋上は意外と使われていなかった

しかしビルを選ぶのが難しかった

バーベキューは火を扱うので景色が良くても高層ビルは駄目です

もう一つ大事なビル選びポイントがあります

やはり近隣に住宅がないことです

住宅が近くにあるとうるさいと苦情がくるためです

現在都内を中心に25か所のビルの屋上でバーベキュービジネスを展開しています

儲かる隙間ビジネス

③ 株式会社加瀬倉庫

神奈川県横浜市

貸し会議室やレンタルボックスを運営している会社です

どんな儲かり隙間を見つけたのか?

コインパーキングで車1台確保できないデッドスペースでバイクの駐車場を運営しています

使い道のなかったスペースもバイクならおくことが可能です

新横浜の月極駐車場の値段は自動車だと15000円ですがバイクだと7000円です

他にも駐車場以外にも隙間を見つけました

車が入っていけない空き地をバイク専用の駐車場にしました

コンテナ付きなのでバイクも濡れない

さらにバイクは盗難に遭いやすい

雨風が原因で車体が痛んでしまうこともあります

だからコンテナタイプを借りに来る方が多くなっています

日本の法律では原則道幅が4m以上ないと建物が建てれないので空き地になっていたスペースもバイクなら通れるので駐車場になっています

加瀬倉庫のバイク駐車場は全国で2800台

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする