世界一受けたい授業 食べて健康になる3つのスーパーオイル! 米油、えごま油、 マカダミアナッツオイル

油博士がおすすめする食べて健康になる3つのスーパーオイルを教えます

①米油

米ぬかから作った油です

米油で天ぷらをすると脂っこくなくサックリと揚がります

米油はスーパービタミンEが豊富です

ビタミンEの40倍から60倍もの抗酸化力があります

悪玉コレステロールを退治してくれる

老化予防にも効果的です

問題

料理で油を使う時にしてはいけないことは?

酸化した油を使うことです

油の種類によって酸化する期間が変わりますが 開封後1か月から2か月を目安に使ってください

気が付かないうちに酸化した体に悪い油を摂取している場合があります

酸化した油を体内に入れ続けると血管内にくっつき高血圧の原因になります

加熱した時に嫌な臭いや煙や泡が消えないと、かなり劣化が進んでいます

油は光でも酸化しますので透明なビンよりも遮光性のビンがおすすめです

透明のビンの場合は暗い場所に保管するかアルミホイルで包んでください

スポンサーリンク
pr

②えごま油

シソ科のえごまの種から作った油です

最近よく聞くオメガ3系の油です

オメガ3系の油は人の体内では作れません

現代人が不足している脂肪酸です

えごま油を取ることで血液の流れが良くなります

動脈硬化予防になります

女性には嬉しい美肌効果と老化予防になります

問題

えごま油は一体何をすると効果が薄れてしまうのでしょうか?

答え

えごま油を熱することです

オメガ3系の油は他の油に比べて成分が壊れやすいです

特に熱による劣化が激しく100度以上で急速に進みます

天ぷらやフライでは使用しない方がいいです

てごま油では手作りドレッシングを作ったり、 納豆や卵かけご飯にかけたりするのがおすすめです

えごま油は熱に弱い以外に長期保存にも向きません

えごま油は酸化を防ぐために冷蔵庫で保存して2ヶ月以内に使い切ってください

③ マカダミアナッツオイル

脳の血管にも届く油です

一般的な価格は約1200円で180gです

パルミトレイン酸が糖尿病予防に効果的です

パルミトレイン酸は脳まで届き、脳卒中予防にも効果的です

マカダミアナッツオイルは糖質が0なのに甘さが感じられます

甘みもありますのでバターの代わりにパンにつけるのもお勧めです

アイスクリームと食べてもいいです

超お勧めた油は身体に良いからといって全種類をどんどんとっていいわけではありません

自分が気になる症状にあわせて油を選び適切な量をとることをお勧めします

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする