アメトーーク!新企画!おもしろ人材プロモーション!ビンテージ漫才ショウショウそのネタとは!?

おもしろ人材プロモーション!

今週のアメトーークは、おもしろ人材プロモーション!です。

プレゼンメンバーとゲストはは、博多大吉、サバンナ高橋、

オードリー若林、友近、ナイツ塙、小籔千豊、小島瑠璃子、です。

新企画のおもしろ人材プロモーションはプロモーターが、

うもれている未知なる芸人を猛アピールするこの秋から週2回

のペースでやっていく企画です。

そして審査はプロモーション後にゲストの小島瑠璃子さん、

雨上がり決死隊の宮迫博之さん蛍原徹さんが「会いたい」と

書かれたボードを上げればスタジオに登場し、また、

「会いたい」が一つでも上がれば別室中継されます。

そして「会いたくない」を3人が上げた場合は露出無しの終了です。

今回は博多大吉さんがプロモーションします。

その芸人がショウショウさんです。

このコンビの芸人は元々大阪の芸人で今は東京に居ます。

とにかく面白い漫才師さんらしくこの方の一番の売りは

モノマネがとにかくうまいとの事です。

ではなぜ世に出てこないかと言うと、とにかくネタが

古いからだそうです。

そのモノマネのレパートリーは菅直人、小泉純一郎、

安倍晋三、ノコギリの音、笑うはと、笑福亭仁鶴、

ウルトラマンと怪獣、デーブスペクター、ネコバス、

柳葉敏郎、など、博多大吉さんいわく、

実力は有るのにも関わらず、

モノマネをアップデートしてくれないらしいのです。

と言うのも少しお年だそうで、眠たくて夜テレビを

見れないのが原因の一つだそうです。

なので若い頃見ていた俳優やドラマ等の物まねの

ネタのままだということです。

しょうじ49歳、しょうへい45歳との名なので

ショウショウと言う漫才コンビの名前なんだそうです。

そして今回、大吉さんが言いたいのは古いからだめなのか、

古くても良いモノはいっぱいあるのではないか、

ジーンズ等でも古くても良いものはビンテージとして

高値がつくものもあります。

そこでビンテージモノマネ芸人としてショウショウを

プロモーションしました。

スポンサーリンク
pr

一番自信のあるモノマネとは!?

そんなショウショウさんの一番自信のあるモノマネは

元阪神・中村監督、だそうです。

ビンテージですね、、、、、、、

知っている人にはそのクオリティーが理解できるのですが

ただ、本当に細かすぎて伝わらないのだそうです。

なので、「細かすぎて伝わらない」のあの番組の

オーディションも本当に細かすぎて落ちてしまったらしいのです。

ここまでではあまり見たいと思われないので、

大吉さんは説得し新ネタを作ってもらったそうです。

そのモノマネがCOWCOWの終盤の漫才とオチです。

後輩芸人のネタで笑いを取るのは違うと生意気

言っていたのを大吉さんが何と8年をの歳月お

かけて説得し完成したとのことです。

そして会いたい、会いたくないのジャッジは、

見事、会いたいを上げてもらいネタを披露することに

成功します。