プレバト!!俳句の才能査定ランキング!俳優、本郷奏多、大野拓朗の俳句の才能は!?

俳句の才能査定ランキング!

今週のプレバト!!は「俳句の才能査定ランキング」です。

コミッショナー浜田雅功、アシスタント豊崎由里絵

ゲストに大野拓朗、櫻井淳子、戸塚祥太、

鳥越俊太郎、馬場園梓、本郷奏多、そして

特待生の梅沢富美男、武井壮、

専門家ゲスト、先生に夏井いつき、です。

今週の俳句のお題は、

「富士と稲刈りと案山子」です。

今回は都知事選から2ヶ月、立候補していた

鳥越俊太郎さんも参戦します。

鳥越俊太郎さんは毎週プレバトを見ているらしく

夏井先生の熱烈なファンなのだそうです。

先生の毒舌が病みつきになっているとの事、

どんな句を読むのでしょうか、

そして2連続で降格し続けている梅沢富美男さん

名人初段となってしまった今回は挽回できるのでしょうか、

今回は才能アリは1人、凡人が3人、才能なしが1人と

なっています。

果たして誰が才能なし、ありなのでしょうか。

まずは凡人の第4位からの発表です。

50点での第4位は、初登場の桜井淳子さんでした。

その作品がこちらです。

「 稻雀 青き藤に 見張られて 」

この句は、豊作の田んぼに雀が遊びに来てそれを

富士山が心配しながら見守っている事を読んだそうです。

夏井先生の手直しがこちらになります。

「 真青なる 藤野見張るや 稻雀 」

ポイントは語順で情景が鮮明になる事です。

続いて凡人の第3位は60点で俳優の大野拓朗さん

作品がこちらです。

「 さやけしや たかきに登る 子らの声 」

先生の直しがこちらです。

「たかきに登る」季語はだそうなので、

「 さやけしや 高きを目指す 子らの声 」

ポイントは聴覚に訴える表現をとの事です。

続いて最下位の才能なしは、、、、、、

20点で初登場の馬場園梓さんです。

その句がこちらです。

「 富士の下 揺れる稲穂の ワンピース 」

夏井先生の直しがこちらになります。

「 富士のもと 風の少女のごと 稲穂 」

風に揺れる稲穂が少女の様に初々しく揺れている。

と言う句になります。

スポンサーリンク
pr

果たして才能有りの第1位は!?

残るは1位才能有りと2位の凡人です。

才能有りの第1位になったのが初登場、

俳優の本郷奏多さん70点です。

そして第2位の凡人62点が鳥越俊太郎さんでした。

まずは鳥越俊太郎さんの作品がこちらです。

「 富士ケ嶺に 亡き父の笑み 浮ぶ秋 」

先生の手直しがこちらになります。

「 富士ケ嶺に 亡き父の笑み 秋幾度 」

そして才能有り第1位の本郷奏多さんの

作品がこちらになります。

「 晴天や 富士を飲み込む 稲の波 」

夏井先生の手直しは無いとの事でした。