爆報!THEフライデー ひらけポンキッキ8代目お姉さん 木の内もえみ54歳は、今も現役お姉さんだった事実!

ひらけポンキッキで人気を誇った伝説のお姉さんは今?

1973年放送開始

子供番組ひらけポンキッキ

木の内もえみさん

ポンキッキ8代目お姉さん

視聴率は20%に急上昇

初めてファンクラブが設立した伝説のお姉さんです

人気絶頂の中、番組を突如卒業しました

子供達の前から姿を消しました

ポンキッキから27年

茨城県つくば市

つくば市は研究学園都市として開発が進む一方で筑波山の麓には田園風景が広がります

なぜ茨城にいるのか?

ポンキッキのお姉さんとしてはタブーを犯してしまった過去があります

お姉さんをやっている間は恋愛禁止です

子供たちの憧れ

当時のテレビ業界は厳しく恋愛も禁止されていた

好きな人ができちゃった

相手は医学部の学生です

木の内もえみさんは結婚を選びました

二人の子供を出産していました

幸せに見えるが、しかしある思いを引きずっていた

それは芸能界への未練です

お姉さんを続けていたら、 未練を断ち切るため つくば市に来てからはポンキッキのお姉さんは隠して生きてきました

お姉さんだった過去を封印していたがあることで劇的に人生が変わりました

32歳の時幼稚園の親子行事で泣き止まない女に絵本を読んだところ、ついつい本気で読んでしまい子供達が集まりだした!

ママ達がそれに気付きある一人のママがポンキッキのもえみお姉さん?

ポンキッキのお姉さんという絶対なる信頼から読み聞かせのオファーが殺到!

私にはこの仕事しかないと思ったそうです

結婚してからもお姉さんはできる!

そして今お姉さんはとんでもないスターに!

木の内もえみさんの読み聞かせに200人以上が集まっています

自慢の歌声も披露しています

ポンキッキ時代に劣らぬ人気です

なぜ子供達が集まるのか?

彼女の読み聞かせには二つのテクニックがあります

① 30の声を使って子供たちの心をつかむ

物語の登場人物はすべて声を変えています

② 6つの表情で物語る

お姉さんの表情に釘付けです

楽しい

驚き

不思議

怒り

悲しい

怖い

子供達は話の中に吸い込まれていった

木の内もえみさん54歳は今も子供たちの前で輝き続けています

スポンサーリンク
pr

田舎暮らしの芸能人夏の危険生物、 箱根の山籠り女優丘みつ子の自宅に猛暑で蜂が大量発生

夫が被害に遭い病院送りに!

爆報で田舎暮らし芸能人でお馴染みの 日本のお母さん女優丘みつ子

1981年パイロットのひろしさんと結婚しました

箱根で自給自足の生活をしています

危険生物はキイロスズメバチ

全長約3センチで攻撃性が非常に高く巣の近くを通るだけで攻撃されることもあります

今年の猛暑の影響で例年より急増しています

気温が高いことで幼虫に多くの水分が必要なので働き蜂が活動的になります

丘みつ子さんの自宅に大量発生

旦那さんが4回も病院に運ばれたそうです

20日前に夫がスズメバチに刺され病院へ搬送されていた

スズメバチに刺されると恐ろしい症状が出ます

アナフィラキシーショック

蜂に刺され起きるアレルギー症状で迅速に対応しなければ最悪死に至ります

旦那さんは刺された20分後じんましんが全身に出たそうです

命に別状はなかったが

そこでキイロスズメバチの巣を駆除することに!

駆除の実績がある我が家がチャレンジ

しかし素人だけでは危険なのでプロと一緒にやります

丘みつ子さんの自宅にあるスズメバチの巣は全部で3つです

ある条件から殺虫剤を使ったことができません

自宅で育てている野菜です

殺虫剤により野菜が台無しになるからです

殺虫剤を使わずにどう駆除するのか?

掃除機です

攻撃的になったハチを次々と吸い込みノズルの途中にある箱に閉じ込めます

ハチが少なくなったところで巣を取ります

一つ目はサッカーボールサイズのスズメバチの巣でした

2つ目は小さく簡単にスズメバチの巣が取れました

しかし3つ目のスズメバチの巣はやっかいな場所にあります

小屋の屋根裏です

旦那さんがスズメバチに刺された場所です

カメラを入れてみると約30センチのスズメバチの巣です

屋根板を壊してスズメバチの巣を撤去します

すると一斉に穴からスズメバチが大量に出てきました

先ほどより蜂が多く掃除機では取り除けない

そこでテレビ初公開のマシン

ドライX

-70度の炭酸ガスを噴射し仮死状態にさせている間にスズメバチの巣を退治します

効果てきめん!

三つ目のスズメバチの巣を撤去完了しました

駆除した蜂の子は田舎暮らし流で美味しく頂きました

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする