林先生が驚く初耳学! 話題の文房具ケシポンの文字が見えにくくなる計算された理屈とは?人間の脳の錯覚を利用している事実!

カップヌードルの麺はカレーだけ太い

実際に麺の太さを測ってみるとカレー以外は3ミリですがカレーは3ミリあります

カレーは他のものに比べてスープの味が濃いです

麺にスープが絡みすぎて辛くなってしまう

スープが絡みすぎないようにするためです

家に帰宅した後お風呂が先?ご飯が先?は季節ごとに正解が違う

実は健康面で見ると夏は風呂が先が正解で春と秋と冬はご飯が先が正解です

ポイントは体温コントロールです

自律神経の乱れが関係しています

自律神経が乱れやすい季節は夏です

温度差が大きい場所を行き来する夏は自律神経が乱れやすいです

体温を調整する機能が低下してしまいます

夏は家に帰ったらまず熱いお風呂に入ってください

熱いお風呂で狂った体温調整機能をリセット出来ます

約42度のお湯に5分ほど浸かると体温調整機能がリセットできます

夏以外の季節は

帰宅したら早めにご飯を食べて寝る30分前くらいに入浴するのが良いです

四色ボールペンは看護師の悩みから誕生した

ミスが許されない職業ならではの発想です

看護師は夜間の暗い中でも 患者さんの血圧や体温を測定してカルテに記入しなくてはならないです

血圧や体温などを項目ごとに色を変えて記入するルールがあります

暗い院内でも色分けをして書けるように ノックボタンの形を変えました

呼吸は黒、血圧は緑、脈拍は赤、体温は青、色を変えて記入するルールがあります

病院ごとに色は異なります

看護師が色を間違えて記入すると、 医師が病状と関係ない 処置をして大きな医療ミスに繋がる恐れがあります

そんな医療ミスをなくしたいという願いを受けて 四色ボールペンが誕生しました

文房具の進化は発明の歴史です

文房具には多くの初耳学があります

サインペンの小さな穴の役割は?

夏の暑い時は中の圧力が上がる

インクを押し出してしまいます

しかし穴が空いていれば 中の圧力と外の圧力を一緒にして インクを押し出すのを防ぎます

圧力を揃えるために空けてある穴です

最近は穴が見当たらないですが、見た目を考慮して見えないところに穴をあけています

スポンサーリンク
pr

修正液を振ると聞こえる音の正体は塗料と樹脂が綺麗に混ざる玉

修正液の中には金属の玉が入っています

中には白い塗料とバインダー樹脂に中で分かれています

混ざりやすくするために金属のボールが入っています

効率良く混ざる玉を撹拌球と言います

話題の文房具ケシポンは画期的な隠し方をします。 文字が見えにくくなる計算された理屈とは?

ケシポンで文字が見えなくなる理由は?

塗りつぶしや模様ではなくアルファベットの羅列を印刷することです

人間の脳が無意識に意味のある言葉を探してしまう性質を応用しています

太いアルファベットという読みやすい文字を重ねて背後の文字を隠ぺいする錯覚効果があります

消しゴムにケースがある理由とは?

消しゴムを作るとき可塑剤を入れます

可塑剤がプラスチックを溶かします

ケースがないといろんなものにくっつきます

だからケースをつけています

ブランドの関あじには競りが存在しない

競りがないのにどのように流通している?

手を触れずに売買が成立する面買いというシステムがあります

関アジは漁を終えた船上で取引をします

漁協の人が魚の値段を決めます

どんな取引が行われるのか?

船からいけす中へ入れている間に値段の取引は終わっている

網に入れる 一瞬で関アジの重さを見極めて値段をつけて漁師から買い取っています

関あじの面=姿を見て買うこの取引を面買いと言います

関アジの姿だけを見て値段を決める大分佐賀関だけの取引です

農協の職員が100g ごとに違う値段を足しあげます

関あじは、200~1000グラムまでバラバラですが、一瞬でみきわける能力があります

なぜ秤を使わないのか?

はかりではかるとするとあじが暴れたり人間の手に触れたりして身が傷んで味が悪くなります

面買いは、 傷みやすいアジの身の劣化を最小限にできるためです

関アジの美味しさは徹底した鮮度管理がおいしさの秘密です

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする