世界一受けたい授業 食品保存する方法ランキングトップ5 コーヒー豆を長期保存する方法は冷凍庫だった事実!みそ、野菜、果物の意外な保存方法

食べられずに捨てられる食品は約632万トン

一人あたり約50キロ

4人家族当たり年間で約65000円捨てています

間違った保存をすると腐り捨ててしまいます

暑さが続く今の気節、室温30℃以上に味噌汁を24時間放置すると表面に細菌が繁殖し腐ってしまいます

食品の保存方法がわからなくて困っている

今回はみんなが知りたい食品保存の方法をランキングで発表します

今回教えてくれるのは東京農業大学元教授徳江千代子先生です

例えば苺の場合

苺を長持ちさせるには?

洗わずに保存するのが良いです

苺の保存に大敵は水分です

苺は、冷蔵庫に入れて食べる直前まで洗わずに保存しましょう

食品長持ち術の最新版

一工夫するだけで改善出来ます

気になる食品保存ランキングトップ5

5位 みそ

みそは空気に触れるだけで酸化しますので空気を遮断するのが保存のポイントなので買った時についてる紙のシートを剥がさないようにしましょう

みそは使用後はヘラやスプーンで表面を平らにして薄い紙を密着してフタをして下さい

シートを捨てた場合は、ラップを使って下さい

スポンサーリンク
pr

4位 手作り麦茶

手作り麦茶の正しい保存方法は?

急速に冷やして冷蔵庫に入れる

ゆっくり冷やして冷蔵庫に入れると3日ぐらいから菌が増えてきます

急速に冷やして冷蔵庫に入れた場合は、菌がなかなか増えません

手軽な水だしは、煮出した場合より日持ちが悪いです

冷蔵庫に入れて二日で飲みきるようにして下さい

3位 果物

桃をおいしいまま保存するには?

常温です

冷蔵庫で保存すると水分が抜けて甘みも少なくなります

常温保存する場合は、キッチンペーパーで包み風通しの良い場所に置いて下さい

常温で保存した桃は、食べる2~3時間前に冷蔵庫て冷やして下さい

2位 肉

ポイントは、とにかく空気に触れさせない

すぐに酸化し傷みやすくなります

長持ちする冷蔵方法は?

肉の表面をペーパーで拭く

一枚ずつラップで空気が入らないように包みます

さらに密封袋に入れチルド室で保存します

肉を冷凍保存する場合にも、注意が必要です

そのまま冷凍すると、肉の旨味が減ります

肉をおいしく長持ちさせるため冷凍前にすることは?

肉を氷水にくぐらせる!

肉を氷水にくぐらせると、肉の表面に氷の膜が出来ます

酸化や乾燥を防ぎます

水を切らずにラップして冷凍庫に入れて下さい

多少肉汁が出ますが、この方法が良いです

1位 野菜

使いかけのカボチャ長持ちするには?

丸ごとのカボチャなら風通しの良い場所で二~三ヶ月保存出来ます

使いかけのカボチャは、種に栄養があるので腐り始めるのでスプーンで種をキレイに取り除いて空気に触れないようにラップで覆って野菜室で保存して下さい。

レタスは一玉全部使いきるのは大変です

包丁で切って残りを保存するのは、金属があたると変色し味も落ちるので外から一枚ずつ使い残りを保存しましょう

残ったレタスを簡単に長持ちさせる方法は?

つまようじ

つまようじをレタスの芯に刺します

3~4本

そして、ポリ袋に入れて冷蔵庫に保存して下さい

レタスは収穫後も成長しようとします

しかしエネルギーを作れないから葉っぱから取るので葉っぱが悪くなります

レタスにつまようじを刺すことで、成長しようとする働きを弱めます

梅干しは、2~3年たってるの大丈夫?

梅干しは、塩分濃度をチェックし18℃以上なら常温

低い場合や塩以外が入っている場合は、冷蔵庫で保存して下さい

ハチミツの保存方法は?

常温です

ハチミツは腐らない食品です

15℃以下に入れると結晶化します

冷蔵庫に入れると白く結晶化します

コーヒー豆は長期保存するならどこに保存する?

冷凍庫です

コーヒー豆は湿気やにおいを吸着します

一回使うぶんだけ密封して冷凍庫に保存して下さい

一ヶ月ぐらい保存したい場合は、一回ずつ小分けにして下さい

全然においが違います

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする