プレバト!!浜ちゃん馬場先生も納得の涼しさを演出するのに役に立つ!ちょこっとした知識と工夫で夏の料理が涼しくてオシャレで美味しくなる!!

プレバト盛り付け知識夏に清涼感を!

暑い夏に食欲をそそられる盛りつけのの仕方そんなちょっとした知識と
工夫で夏の風情と清涼感を演出することができます。

料理は見た目でも楽しむものなので目から入ってくる情報で
美味しさも変わってきます。

器の選び方は料理を引き立たせるように色合いにも注意して選びます。
また器に付いた柄など模様にも意味合いがあるので
そんな所にも注目して器を選ぶと更にワンランク上の
盛りつけのための器選びに役立つかと思います。

今回のプレバトでは夏のお盆に出す精進料理で
お笑い芸人と言うより料理の先生と最近では呼ばれている馬場先生が
素晴らしい器選びで、天ぷらを付ける塩の器に鶴の絵が書かれていて、
そこに絶妙な量の塩が盛り付けられていました。

馬場先生はそんな鶴の絵柄の器でお婆さんに
長生きして欲しいとのメッセージを込めて器選びをしていました。
料理の盛りつけも勿論素晴らしくここまで気使いができると
ワンランク上の盛りつけもになりますね。

スポンサーリンク
pr

夏にふさわしい盛り付け

暑い夏に美味しいお刺身で冷たく冷えたビールなんて最高ですよね。
そんなお刺身の盛り付け方でもより美味しく食べるための
ポイントとNGがあります。

今回プレバトで紹介されたお刺身は夏の白身魚です。
夏に脂の乗ったスズキとさっぱりとした締めアジをマグロと
一緒に盛り付ける三種盛りです。

秋野暢子さんが挑戦せれていました。
涼しげな大きめの透明なガラスの器を選んでいました。
清涼感を演出するのために透明なガラスのお皿はとても
評価されていました。
盛りつけでされていたNGポイントが
鮮度を保ち清涼感を出すために氷の上に直接お刺身を盛り付けていたのですが、
そうしてしまうと氷の上に直に置かれたお刺身は水っぽくなってしまい
旨みも逃げてしまうようです。

そして才能なしと評価されてしまった盛りつけの
NGが大皿を使ったのですが隙間なく余白をなくしてしまう
盛りつけをしてしまったのです。
余白を残した盛りつけにすることで透明なガラスが涼しげにしてくれるようです。詰め込み過ぎると暑苦しいですよね
夏の盛り付けの知識として役に立ちそうです。

また、今回は和菓子の盛りつけもありましたが
これも一緒で欲張りに色々と載せてしまい、詰め込みすぎのNGと
なっていました。器と料理の余白の使い方はとても大事な
盛りつけのポイントです。

そして私が一番今回役に立つと思ったものがそうめんの盛りつけです。
夏といえばそうめんですね、お手頃で手間もかからず
美味しいので皆大好きだと思います。

あまり豪華な料理でないと一般では盛りつけなどそこまではしたりしませんが、
そうめんはどこのご家庭でも夏には一度は食卓に並ぶのではないでしょうか?
そんな、そうめんの盛りつけで涼しさを演出し更に美味しくいただく
ちょっとした知識です。

器は涼やかな淡い水色や、透明なガラスなどが好ましいです。
そこに氷を入れて水を入れます。
ポイントが水に流れているようにそうめんに流れを付けた状態で盛ることです。
そんなちょっとしたひと工夫でとても涼しげで美味しそうなそうめんが盛りつけられてしまうのです。