未来世紀ジパング4/6激動ケニア!丸亀がうどんを捨てた?ケニアは世界への扉、今なぜケニアに?

ケニアは世界への扉、今なぜケニアに?日本企業続々進出

首都ナイロビにはトヨタのアフリカ最大ショールームがある、そこには2000万円以上するランドクルーザーがあった

豊田通商は1964年に車を進出

ケニアのビジネスモデルを成功させたい

このモデルを他のアフリカ、全世界に広げていきたい

日清食品もインスタントラーメンで2013年ケニアに進出

赤道近くの為、熱いスープを飲む習慣がないためそこで開発したのが汁なしラーメン

日本一のうどんチェーン丸亀製麺も意外な手で進出しようとしていた

アフリカ.ケニアの沸騰現場から見えてくる日本の未来とは

野生の王国ケニアに異変が

中国では象牙が投資目的になっている

ゾウの孤児院みたいなものが増えてる

密猟がアフリカ全土に増えている

象牙は1989年にワシントン条約で国際取引が禁止されているが…..

インターネットで闇取引が横行してる

こうした密猟はある組織と係わりがあるという

4月2日ケニア東部の大学が襲撃された148人が死亡した

イスラム過激派組織「アルシャバブ」実は密猟象牙が重要な資金源だと言われている

そんな密猟者と命がけで戦っている人達がいる野生動物を保護するレンジャー

そこに女性の姿が日本人の滝田明日香さん

滝田さんは10年前獣医としてケニアで活動していた

翌年野生動物を守りたいとレンジャーに参加しました

訓練した犬を使って密猟者を探している

あんな動物を絶滅においやるビジネスはいらない

象牙は象の物で人間のものでない

レンジャーの仕事は保護区のパトロールしかしただの見回りでない

全員がライフルで武装、時には銃撃戦になることもこれまで63人のレンジャーが犠牲に

立派な牙を持つオスが狙われやすい、オス、メス両方に牙はあります

牙が地面まで届くような象がたくさんいたが今は、いない

ワイヤー式の罠が設置されている密猟者が仕掛けたもの

密猟者は真夜中に現れる

数百人の密猟者が一晩でいた、そして3人捕まえた。

3人とも未成年で13歳15歳19歳

アジアの需要のためにアフリカ人レンジャーとアフリカ密猟者が殺しあっている

それを多くの人がわかっていない

日本の60年代に象牙に印鑑がブームになってあれが火付け役

本当に全面的に取引禁止しないと僕たちの世代で象が絶滅してしまう危機的状況

スポンサーリンク
pr

ケニアと日本には意外といろいろな共通点がつながりがある

左側通行.右ハンドル

日本からケニアへの輸出1位 自動車

ケニアはもともとイギリスの植民地だったイギリス式の右ハンドル左側通行で約7割が日本車

しかも中古が多い

逆にケニアから日本に来ているものは?

バラです

日本に輸入されているバラの26%がケニアです

あとは火山国として共通点があります

ケニアの可能性を日本人は過小評価している

ここを制すると実はいろいろチャンスがある

ケニア人口4435万人

ここでは日本食がまったく知られていない状態

ケンタッキー・フライド・チキンがケニアに6店舗展開

1年前この時間は1組か2組、現在は混雑している

丸亀製麺も照り焼きジャパンを3月9日にオープンした

意外に焼うどんが売れてびっくり

おまけ的に作ったのだが

初日の売り上げは20万円超

ケニアでは外食が完全に出来る層、中間層が出てきている

日本でも最初にマクドナルドが来た時は高級食だった

こういう発展途上国では先進国のファストフードが高級食としてまず受け入れられてそれからだんだん広まっていく

もう一つ日本とケニアを結ぶ大きな可能性があります

キリマンジャロ標高5895m

そのふもとに暮らす人たちがいたマサイ族

今手放せないものがある携帯電話

ケニアの普及率は70%超

しかしそれに追いついてない物がある

電気がお店でも来ていない

ケニアの未電化地域70%

そんなケニアの電気不足を解消する地球の割れ目とは

にっぽんの技術でケニアを照らせ

地熱発電所を東芝が作っている

日本は世界3位の地熱保有国で地熱の発電技術は世界1位

タービンや発電機は世界の7割を日本がシェアしている

ケニア政府は現在の10倍以上にしようとしている

ソーラーパネルも始まっています

ケニアでいろいろな電力のビジネスが開発されれば可能性が増えてくる

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする