ホンマでっか!?TV 間違った夏の習慣は?生田斗真と松坂桃李は友達を呼ぶ?呼ばない!

猛暑日の後5日間は熱中症になる危険性がある!?

暑い日々が続いております。熱中症対策をしていますか?
猛暑日は特に対策が必要になりますが、
アメリカの「サイエンス・デイリー」には上記のような見出しが・・・。

生物学評論家の池田清彦先生によると、
アメリカのハーバード大学で、1999年から2011年まで
2370万人の入院患者と気温の関係を調査したところ、
猛暑日が年に3日しかないにもかかわらず、
猛暑日の後5日間は熱中症で入院する確率が、
非猛暑日より2.5倍高くなるそうです。

日本では、2011年から2015年の間に、
東京23区で熱中症で亡くなる方の9割が家の中で亡くなっており、
79%が(池田先生を含む)65歳以上だそうです。

また池田先生は、室内で気温が上昇しても脳より体が反応するため、
脳が暑さに気づきにくいことを指摘しております。

心理学の植木理恵先生によると、とある実験で学生を
20度の部屋と30度の部屋に分けて、
非論理的な文章を含む論文を読ませたところ、
30度の部屋の人が論文を信じる傾向が前者より3.5倍あるそうです。
それをもとに、熱い場所や地域にいると判断力が低くなることを指摘しています。

疲労評論家の梶本修身先生は、
発汗によって体温をコントロールする自律神経を酷使し、夏バテになると指摘。
暑い日に夜エアコンを消して寝てはいけないと発言しました。
環境評論家の武田邦彦先生の擁護にかかわらず、出演者から反論を呼びますが、
寝汗を書くことが運動に値するため、疲れがとりにくいと指摘しました。

その武田先生は、人間が普通に生活するのには気温25度が適度と指摘します。
体温37度と12度差の気温で活動をすることになります。
しかし、人間は気温が上昇しても、本来活動量を減らすべきところを
普通に過ごすために、内臓が傷むと指摘しています。
さらに、マツコ・デラックスさんが「クールビズはダメ」ではと指摘。
武田先生は同意し、環境省は28度をクールビズの気温に設定する一方で、
熱中症の厳重警戒の気温に設定していると発表しました。

次に梶本先生は、ウナギが夏バテに効果がないと発言。さんまさんが強く反応しました。
先生によると、栄養不足になる現代人が少ないためだと理由を述べました。
出演者がショックを受ける中、
ブラックマヨネーズ吉田さんが、夏の疲労に効く魚について切り出したところ、
梶本先生は、カツオとマグロが効果的で、
成分のイミダゾールジペプチドが自律神経に効果があると述べました。

さらに、熱いお風呂や温泉も、発汗で自律神経を使うため疲れを助長すると述べました。
俗によく眠れるというのも、その疲労のためだと指摘しています。
温泉に入ると、ドーパミン分泌で疲労感は取れますが、実際の疲労とは別物だそうです。
しかし、約39度のお風呂に半身浴をするなら、
汗をかく直前までには効果はあるそうです(20分以上は長いらしい)。

動作分析評論家の夏嶋隆先生は、
夏とはいえ塩分を摂る必要はないと述べます。
実験で、サッカー国際レフリー(ワールドカップの初戦)で塩分を摂らずに試合に臨ませたところ、
炎天下でも選手は疲労することがなかったそうです。
むしろ、塩分を摂むとのどが渇き、水分を摂ることで夏バテになるそうです。
一般的な食事で塩分を1g余分に摂取するため、水を300cc(10gだと水3リットル)摂取する必要があると指摘しています。
筋肉を使って動いている人が夏バテになりにくく、武田先生は補足で、エアコンをつけないと湿度が高くなるため、動かないまま水を飲んでも効果がないと述べています。

マーケティングの牛窪恵先生によると、
日焼け男子はモテず、蚊に刺されやすいそうです。
おおたわ史絵先生は、蚊は黒色しか認識せず、
O型、汗かき、酔っ払い、色黒を好むと述べています。

夏嶋先生は、両面にUV加工されていないサングラスは、
その後方で紫外線が眼に反射するため、万全でないと述べています。

次に牛窪先生が、
暑いので部屋にこもり、運動不足や脂っこいものの摂取で
隠れ炎症(無自覚な炎症)が発生し、
心臓病・アルツハイマー病につながると指摘しています。
20代から40代の2000人のうち約30%が危険水域と述べています。

出演者の常識を覆す、時には問題ありそうな(笑)
情報が飛び出ました。

スポンサーリンク
pr

アナタはどっち派!?科学的に得なのは?

最初の問題は、「友達を家に呼びたい?呼びたくない?」

呼びたい:ブラックマヨネーズ、生田斗真
呼びたくない:明石家さんま、磯野貴理子、松坂桃李、マツコ・デラックス

おおたわ史絵先生によると、呼びたい派が得だそうです。
友達を普段呼ばないと、病気の発見が遅れたり、
介護サービスで人を家に入れる抵抗が生まれるそう。
環境学の武田先生も、特に男性は周りの人とつながるほうが、寿命が延びやすいと一押しです。
異常心理評論家の杉浦義典先生は、パーソナルスペース(人間との心理的に適度な距離、平均42cm)に言及し、対人恐怖や感染恐怖の人(51cm)が遠くなる傾向にあります
武田先生が補足で、男性トイレの間が45cmより近いと尿が出にくくなると述べます。
病気に
法律評論家の堀井亜生先生は、家に呼ぶのに慣れないと、
家の自分のスペースがないことで、結婚しても喧嘩でうまくいかないことが多いそうです。

次の問題は、「雨が降ってきたら構わず行く?行かない?」

構わず行く:ブラックマヨネーズ、生田斗真、磯野貴理子、松坂桃李
行かない:明石家さんま、マツコ・デラックス

行かない派の二人は、普通の雨では傘を差さない、
雨が降ると邪魔くさい、予定を変えるという持論を展開。
松坂さんはインドア派だが、雨が降れば映画館などの施設が空いたりするので
出かけると発言しました。

おおたわ先生は松坂さんの意見に同意した上で、
雨の日は病院も空いていることを明かしました。
高齢者は、危険なため雨の日に病院に行くのを家族に止められるそうです。
武田先生は、反対に行かない派に傾き、
動物の寿命は行動の回数で決まると述べました。
雨の日行かない場合は、予定を変えて違う行動をする、
同じ行動をとるとその回数だけ寿命の数になると述べました。
経済評論家の門倉貴史先生は、雨の日は雨の日サービスがあることを述べ、
カフェの割引や化粧品のサンプル提供・結婚式の契約時の割引を例に挙げました。

みなさんは、どっち派でしょうか?

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする