林修先生が驚く 初耳学!水族館のプロジェクションマッピングはペンギンのため!テレビを観ながらSNSをすると脳を破壊し、認知症のようになってしまう?!東京のお弁当売り場が東京駅の混雑を解消していた!

林先生の知らない初耳学1

水族館で人気のプロジェクションマッピングはペンギンのためにやっています。
その理由は?

ペンギンには光を追いかける本能があり、光を小魚と思って追いかけています。
自然のペンギンは一生の7割を水中で過ごしますが、
水族館のペンギンはその逆で陸で過ごします。
そのため、メタボや病気になることも…
運動不足解消のためにおこなっています!

スポンサーリンク
pr

林先生の知らない初耳学2

テレビを観ながら、SNSをすると、脳の機能が破壊します。
その理由は?

人間の脳はもともと、2つの事は同時できないようになっています。
2つの事を同時に行うことを、マルチタスクというのですが、
これは同時に行っているのではなく、脳の使用している部分を
頻繁に入れ替えて処理していて、本人が同時行っていると思い込んでいるだけ。
本人にとってはストレスではなくても、
脳細胞はストレスに感じ、コルチゾールというストレスホルモンを出します。
これが、記憶に携わる海馬や前頭前野を破壊し、ひどくなると認知用と同じ症状に…
特に女性は脳梁が太く、様々な情報を処理したり、子育てしながらと、
2つの作業をするには長けているのですが、
しかし、そのため、脳が疲れやすく、夫より20分は多く睡眠をとらないと
脳は回復しません。 
眠る前にホットタオルで目を温めると視神経の緊張が取れて、
睡眠がとれます。

林先生の知らない初耳学3

東京駅は弁当売り場のおかげで、駅の混雑が解消されました。
その理由は?

混雑の原因は人の数ではなく、流れの悪さが原因だったから。
2007年に東京駅から行ける商業施設グランスタがオープン。
ここの地下1階にお弁当、お土産売り場が出来ました。
お弁当はいつも作り立て。
新幹線の利用者の動きを見ると、
東京から地方に行く人は、まっすぐに新幹線乗り場に。
地方から東京に来る人は、迷いながら右往左往しています。
お弁当を買う人は新幹線を利用する人が多く、
東京から地方に行く人は地下に。
地方から東京に来た人は1階を動くように、
動きの分散ができたからです。
                                                                                                                                     

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする