アメトーークー学生時代からの友達と芸人をやってる5組が出演。出会いからコンビ結成までのエピソードが面白すぎる。

学生時代の友達とコンビを組んでいる芸人5組が出演。NONSTYLEの井上の細眉はいつから?そしてゴールデンボンバーの結成エピソードとは?

中学・高校の同級生のNONSTYLEの二人、極太眉毛から井上裕介のあだ名は「のりそん」、石田明はそんな井上が出会った頃からちょっと嫌い!!だったそう。もともと極太眉の井上は高校の時にかくれんぼが流行り遊んでいた時、逃げていた井上が見つけたら細眉に変わっていたといいます。なんと逃げている間に眉を剃っていたんですね、びっくりです。

エアバンドのゴールデンボンバーの鬼龍院翔と喜屋武豊は高校は違えど出会った友人宅で意気投合。鬼龍院が軽音楽部で一緒に組んでた友達と喜屋武が同じマンションだったそうです。そのマンションが溜まり場で、最初はその友達と3人でゴールデンボンバーを組んだそうです。そして解散後鬼龍院と喜屋武が二人でゴールデンボンバーを組み直したそうです。鬼龍院の学祭のビデオで、曲中にパフォーマンスするとかとても面白いと思った喜屋武、その頃から鬼龍院の舞台はとても盛り上がっていたそうです。「くせまみれ!!」と褒められてます。

スポンサーリンク
pr

島の鬼の千鳥の大吾と幼稚園からエロいどぶろっくの江口。大吾が「島の鬼」と言われた理由は?ジャルジャルのみんなに疑われた高校時代の行動とは?

千鳥の大吾とノブの出会いは高校の入学式。「島から鬼が来る」と恐れられていた大吾とマドンナと付き合うモテモテのノブ。なぜ「鬼」と呼ばれたかというと、入学式に遅刻してきた大吾は本土で入学式のために角刈りにしようとしたら、とっくに入学式の時間が過ぎていて、右側の角しか作れず、切った髪が顔についたままだったそうです。一方のノブはバレンタインデーにノブにチョコレートを渡す列げできていたという。その理由はなんと、高校時代のノブは「ミスチルの桜井さんにそっくり」だったらしい。しかし、芸人やっているうちに上下からめくれ上がって全然似てなくなったそう。この二人は最初に大吾がピンで活動していて、ノブを勧誘するために大吾大活躍!!の「ニセ新聞」を見せたそう。すぐに会社を辞めて大吾に合流したノブでしたが、「一つも売れていない」事実にがっかり。ノブの父親の反対を押し切りコンビを結成した千鳥ですが、後にテレビに出だした二人は故郷でノブの父親に蝿のようなもみてで迎えられたそうです

大阪の高校で同じラグビー部。大学進学と共にNSCへ。個性がない「ただの人間」ジャルジャルの後藤淳平と福徳秀介。高校では一度も同じクラスになったことはなかったという二人。隣の保健室で休み時間に遊んでいたそうです。チャイムが鳴ったら二人でニヤニヤしながら出てくるので、変な噂が流れたそうです。

佐賀出身で幼稚園から福岡大学まで一緒のどぶろっくの森慎太郎と江口直人、江口は幼稚園の頃からエロかったそうです。幼稚園くらいの男の子は大抵先生のお尻とか触って遊びますよね。江口の場合は一人だけ先生に手首を掴まれて「やめな」って言われたそう。どんだけの触り方だったんでしょう。

スポンサーリンク
pr
pr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です