マツコ会議 プロゲーマー集団で会社組織を結成!年商は1億円?!

プロゲーマーが集う謎のシェアハウス

番組MCのマツコ・デラックスは昔ドリームキャストでシーマンの育成をしていた経験が唯一したゲームであるぐらいで、ほとんどゲームはしない。

そんなマツコが今回、ゲーム版トキワ壮ともいえる江戸川区瑞江にあるプロゲーマーだけのシェアハウスと中継を結び、掘り下げてみた。

豪華なペントハウスで広さは6LDK。そこに10人で共同生活をしている。

そこはプロゲーマーの会社組織であり、ちゃんと社長もいる。
合宿形式でやって、コミュニケーションを高めて連携を高めて大会に勝つのを目指している。
マンションは家賃光熱費タダで食事つき。
ちなみに部屋には専属シェフがおり、全員の食事を作るだけで生計を立てている。しかも、1日2食付き。コンビニ弁当よりは野菜をちゃんと食べれるようにと考えて作っているそう。

彼らが練習しているのは世界で最も人気のオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」

5人1チームとなり世界中の相手とネット対戦をする。相手陣地のクリスタルを破壊すると勝利となる。
1日10時間以上はプレイして練習しているという。

世界大会で優勝すればなんと賞金1億円!!
世界大会はスタジアムを使って開催されており、世界のスポーツ競技人口ランキングの5位に入るほどである。
ちなみに
1位はバスケットボール
2位はサッカー
3位はクリケット
4位はテニス

また、スポンサーがついており、マウス、キーボードなどスポンサーの商品を身に着けて戦う。優勝するとスポンサー料も上がる。

さらに、コーチもついており、選手の作戦会議、相手の分析、自チームの悪いところを指摘している。

5人対戦なので、1軍(レギュラー)と2軍がある。

今やゲームはプロスポーツ化していると言ってもいい。

プロスポーツと同様で最近は助っ人外国人なんかもいる。

プロゲーマーの寿命は25歳と言われ、その年を超えて2軍落ちしてしまうとプロゲーマー界の戦力外通告なんて可能性も大いにある。

この部屋の住人の1人であるハンドルネーム・ダステルさんは年収600万円以上。
プロゲーマー世界長者番付では1位の人は年収2億円である。

本格的にゲームのプロスポーツ化が一般化すると「ゲームなんてくだらないことやってんな」と怒る親はいなくなるのではないだろうか。

また、ゲーマーなのに筋肉を鍛えている人もいて、肉体美をドヤ顔でみせてくる。
個性豊かな面々がそろったシェアハウスである。

公式HPでは、住人の1人で水樹奈々の大ファン、25歳で2軍落ちしたハンドルネーム・ボンジンさんのプロゲーマー引退とその後の生活を考えるVTRが公開されている。
<a href="

プロゲーマーが集う謎のシェアハウス

番組MCのマツコ・デラックスは昔ドリームキャストでシーマンの育成をしていた経験が唯一したゲームであるぐらいで、ほとんどゲームはしない。

そんなマツコが今回、ゲーム版トキワ壮ともいえる江戸川区瑞江にあるプロゲーマーだけのシェアハウスと中継を結び、掘り下げてみた。

豪華なペントハウスで広さは6LDK。そこに10人で共同生活をしている。

そこはプロゲーマーの会社組織であり、ちゃんと社長もいる。
合宿形式でやって、コミュニケーションを高めて連携を高めて大会に勝つのを目指している。
マンションは家賃光熱費タダで食事つき。
ちなみに部屋には専属シェフがおり、全員の食事を作るだけで生計を立てている。しかも、1日2食付き。コンビニ弁当よりは野菜をちゃんと食べれるようにと考えて作っているそう。

スポンサーリンク
pr

彼らが練習しているのは世界で最も人気のオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」

5人1チームとなり世界中の相手とネット対戦をする。相手陣地のクリスタルを破壊すると勝利となる。
1日10時間以上はプレイして練習しているという。

世界大会で優勝すればなんと賞金1億円!!
世界大会はスタジアムを使って開催されており、世界のスポーツ競技人口ランキングの5位に入るほどである。
ちなみに
1位はバスケットボール
2位はサッカー
3位はクリケット
4位はテニス

また、スポンサーがついており、マウス、キーボードなどスポンサーの商品を身に着けて戦う。優勝するとスポンサー料も上がる。

さらに、コーチもついており、選手の作戦会議、相手の分析、自チームの悪いところを指摘している。

5人対戦なので、1軍(レギュラー)と2軍がある。

今やゲームはプロスポーツ化していると言ってもいい。

プロスポーツと同様で最近は助っ人外国人なんかもいる。

プロゲーマーの寿命は25歳と言われ、その年を超えて2軍落ちしてしまうとプロゲーマー界の戦力外通告なんて可能性も大いにある。

この部屋の住人の1人であるハンドルネーム・ダステルさんは年収600万円以上。
プロゲーマー世界長者番付では1位の人は年収2億円である。

本格的にゲームのプロスポーツ化が一般化すると「ゲームなんてくだらないことやってんな」と怒る親はいなくなるのではないだろうか。

また、ゲーマーなのに筋肉を鍛えている人もいて、肉体美をドヤ顔でみせてくる。
個性豊かな面々がそろったシェアハウスである。

公式HPでは、住人の1人で水樹奈々の大ファン、25歳で2軍落ちしたハンドルネーム・ボンジンさんのプロゲーマー引退とその後の生活を考えるVTRが公開されている。
http://www.ntv.co.jp/matsukokaigi/

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする