林修の今でしょう!講座 最新詐欺に絶対だまされない マイナンバー詐欺、進化型のオレオレ詐欺、架空請求詐欺、恐怖型カウントダウン詐欺

今、注意!最新詐欺に絶対だまされない。最新手口と心理を学び対処方法を覚えよう

詐欺と一言で言っても非常にたくさんの種類がある

例えば受験詐欺

大学の最寄りの駅で合否通知を送るからと連絡先と現金をダマしとられる

これだけニュースで取り上げられているのに

2014年特殊詐欺の被害総額過去最悪550億以上

なぜ詐欺被害は増えるのか?

ニュース番組で数秒大変だと思うが、しかし犯人側は一日中考えている、あるいは1年中考えています

エネルギーの使い方が違います

詐欺にあわないためには、自分の身にも起こると想定して普段から具体的なシミュレーションが必要

具体的な例を上げてみます

1 最新型マイナンバー詐欺

マイナンバー詐欺が増えている理由とは?

今年10月から住民票を持つ人に順次配られています

11月19日時点で全国に約3割が届いています

来てもいないマイナンバーっていうところがポイントです

ちゃんと理解している人が少ない

そこにつけ込んでマイナンバー詐欺が起こっています

大体100件ぐらい起きていると言われています

マイナンバー詐欺被害の実例を紹介

ダマされたポイントは知識不足

公的相談窓口を名乗る男から電話でマイナンバーを伝えられます

数日後、寄付を募る団体の男から寄付の為にマイナンバーを教えて欲しいと言われる

マイナンバーを教えて頂けるだけで結構と言われる

さらに寄付を受けた機関の男から電話があってマイナンバーを教えた事は、犯罪になりますと言われる

善意でやったので、お金で解決という方法もあると言われる

結果

マイナンバーを教えるのは犯罪

それを帳消しにするからと数百万円をダマしとられた!

なぜ詐欺にあったのか?

必ず郵送で来ると知らない知識不足につけ込まれた

詐欺師は時事ネタに詳しい

東日本大震災や東京オリンピックが決まった際には詐欺がものすごく増えています

マイナンバー詐欺で気を付けること

1 マイナンバーを電話で伝えられたら詐欺を疑うことを注意しましょう

2 善意目的と言われても他人にマイナンバーを教えない

3 マイナンバー他人に教えてはいけないが教えたら犯罪者は嘘

詐欺師がつけ込んだ手口

新しい制度、善意、犯罪者になる恐怖

マイナンバー詐欺が嫌がる一言

分からないので確認してから後日連絡します

スポンサーリンク
pr

2 進化型のオレオレ詐欺(振り込め詐欺)

1月から9月の認知件数で約4300件です

これは、わかっているだけの数です

実際は、どのくらいわからないぐらいあると思われます

被害総額は約125億円

オレオレ詐欺はなぜ減らないのか?

進化するからです

2003年は振込み型で顔を合わせることなく現金を振り込ませてダマし取る

2004年劇場型 大掛かりな芝居で大勢使って現金をダマし取る(警察官、弁護士など)

2008年アポ型 親族を装い電話し番号を登録させて後日改めて犯行を行う

2013年上京型 見知らぬ都会に上京させて現金をダマし取る

今年新たなオレオレ詐欺が登場!

ワタシワタシ詐欺

女性が電話をして現金をだまし取る

2014年まではオレオレ詐欺で電話してくるのは、ほとんどが男性でした

オレオレ詐欺は男という思い込みを逆手に!

ワタシワタシ詐欺被害(東京都)

13件

2500万円

オレオレ詐欺の対処法を覚えよう

進化するが、実はシンプルな方法で撃退可能!

お金を要求されたらテレビ電話などで顔を確認!

3 強行型 架空請求詐欺

身に覚えのないサイトの利用料金を請求される

架空請求詐欺の被害額(1月から9月)

3000件

約132億円

なぜ、お金を支払ってしまったのか?

本当にあった架空請求詐欺

メールで支払いメールが来る

無視をする

数日後、請求書が自宅に届く

無視をする

架空請求を完全に無視しかし詐欺には想定内

このあと詐欺師は絶対に無視出来ない手口を使うのです

数日後、裁判所からの正式な呼出状(本物)が届いた!

本当に犯人に訴えられたため、請求金額5万円を振り込んだ

心理学的ポイント

嘘の中に真実を混ぜると被害者は本物の請求だと思う

詐欺師側の狙い

訴えるほど本気だという姿勢を見せつける

今なら訴えを取り下げるという提示を出す

被害者が弱気になることを狙っている

裁判を起こす事自体は難しくない金額も安いですし詐欺師にはリスクはあまりない

裁判所からの特別送達を無視した場合どうなる?

訴えた側の勝訴になってしまう

請求金額を支払わなければならない

裁判をやる意思を示せば詐欺師は逃げる確率が高い

架空請求詐欺師が嫌がる一言

裁判しましょう!

裁判所からの通達は無視してはダメ!

裁判を行う意思表示が大事です

裁判所を装った封書を送る悪質な手口もあるので裁判所に必ず確認しましょう

4 恐怖型 カウントダウン詐欺

メールで恐怖心をあおりお金を払わせる悪質な詐欺です

本当にあったカウントダウン詐欺

支払い期日まで追い詰める恐怖のカウントダウン詐欺

操作を誤って別のサイトに移動してしまった

まもなく三日以内に3万円振り込めとメールが来る

身に覚えがないと返信した

すぐに、3日以内に入金がない場合財産を差し押さえるとメールが来る

恐怖を感じたが無視した

二日後、期間内に振り込まないと裁判に訴えるというメールが来る

友人に相談して無視することに

振込み期限当日ここから本当の恐怖が始まった

自宅を訪ねるとメールが来る

次々とメールが来る(あと2時間で自宅に行く)

あと1時間30分で自宅に行く

あと1時間15分で自宅に行く

メールでの自宅訪問までのカウントダウンをする

被害者は恐怖のあまり請求相手に電話してしまった

こうして恐怖心から3万円振り込んでしまいました

被害者は、失うものが大きいと思うほどお金で解決したいという心理になってしまう

自分は絶対ダマされないと、たかをくくってはいけない

もし狙われたら防ぐのは難しいが

日々の生活の防御策を良く考えて欲しい

詐欺にダマされない為に相談できるネットワークを作る

友人や警察など一人で解決しようとしない

カウントダウン詐欺師の嫌がる一言は?

警察に相談しています!

詐欺全般の対処法

お金という言葉が出たら警戒

自分は大丈夫という思い込みは危険

相談出来る相手を作りましょう

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする