この差って何ですか?水回りの頑固な汚れを木工用の接着剤で乾いて剥がすだけで取れる!8年連続ミシェランで星を獲得しているプロが作る肉じゃがの作り方 

これをやるとこんなに差がつきました

プロが実践しているプロの技!!

1  固いビンのフタを開けるプロの方法は?

お料理のプロは簡単にビンのフタを開けることが出来る

ガムテープを使う

ガムテープをビンのフタの外周に貼って緩める方に引っ張るだけでフタは開きます

なぜ簡単に開いたのか?

手で開けようとすると指が接している部分が少ないので滑る

ガムテープを貼って接している面が増えて滑らなくなります

力が一点に集中するために開きやすくなります

2 濡れた髪の毛を素早く乾かすプロの技は?

髪の毛のプロは素早く髪の毛を乾かすことが出来る

乾いたタオルを使う

乾いたタオルを頭にかけて内側からドライヤーをあてる

乾いたタオルが髪の毛の水分を吸うのです

熱風が内側にこもりサウナ状態で効率良く乾きます

3 水回りの頑固な汚れを簡単に落とすプロの技は?

おそうじ本舗の掃除のプロの技

木工用の接着剤を使う

汚れに塗って乾くのを待って剥がすだけです

汚れを覆うように塗り一日乾かす

白かった接着剤が透明になったら剥がすだけです

なぜ汚れは落ちたのか?

木工用の接着剤が木製のもの以外には接着しにくいという特性を生かした技です

汚れている部分に塗ると汚れと一緒に固まります

しかし、水溶性なので水分があると接着力は弱まってしまうのでよく拭いてから使用してください

応用としては、靴の裏や換気扇の羽の部分にきれいな状態の時に塗っていれば汚れたらシールを剥がすように汚れが取れます

スポンサーリンク
pr

8年連続ミシェランで星を獲得しているプロが作る肉じゃがの作り方

新宿割烹「中嶋」

下ごしらえ

じゃがいもを一口サイズに小さく切る

にんじん、たまねぎも大きさを揃えて切る

煮方

1.油で炒める(油が馴染むまで)

2.だし汁を入れる

ここがポイント

最初から最後まで強火です

じゃがいもが崩れる前に炊き上げる

味付け

まずは甘み砂糖、みりん系を入れる

しっかり甘みが入ったら次に塩

先にしょう油や塩を入れると甘みが入らない

お肉は、お野菜の上に落し蓋の作用と一緒の用に置く

最後にしょう油を入れたらさらに豚肉の上にさらに落し蓋をする

豚肉と落し蓋の二重で煮る

落し蓋して約4分煮たら完成です

味が染み込むのは、冷めている時!

出来上がったら冷ます

次は、プロのフライドポテトの作り方

フレンチフライ専門「アンドザフリット」

下ごしらえ

カットしたじゃがいもをお米を研ぐ要領で洗う

その後ポテトをお湯の中へ入れて茹でる

90度の湯で約5分

糖やでんぷんを減らし焦げ付きを抑えます

その後ポテトよく乾かす

乾いたら冷凍する

冷凍庫で一晩凍らせて水分とばす

揚げ方プロの技

植物性の油で150度の熱した油に入れる

150度の低温で5分ぐらいゆっくり揚げる

揚げている時に時々混ぜ合わせて空気に触れさせるとよりカリッとなります

二度揚げ

スーパーで売っているラードで揚げる

植物性の油だと表面から油が染みてべチャッとしてしまいます

ラードは表面をコーティングしてくれます

二度目は190度で1分

焦げずにカリッと美味しいフライドポテトの完成です

麻布十番「楽万コロッケ店」のコロッケの作り方

下ごしらえ

じゃがいもを皮付きのまま蒸し器へ

玉ねぎは茶色なるまでしっかり炒める

お肉を入れて余分の水分をしっかりとばす

そこへ、塩、コショウ、バターを入れる

その後じゃがいもと混ぜ合わせる

じゃがいもの形を残すぐらい混ぜ合わせる

揚げ方

1 小麦粉をつける

2 卵と小麦を混ぜた生地につける

3 パン粉をつける

揚げるのはコロッケがつかるぐらいたっぷりの油で揚げる

温度差が出てコロッケが爆発しない為です

4 170℃で約4分揚げます

美味しいコロッケの完成です

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする