カンブリア宮殿 農家&世界が感動!スーパーニッチ“ものづくり” 2015年10月22日 筑水キャニコム会長・包行均 “ものづくりは演歌だ”“ボヤキ”おもしろい言葉が次々と出てくる会社!?

農家感動!便利すぎるマシン ニッチで勝つ人情ものづくり

福岡県朝倉市は有名な富有柿の産地
柿農家・小田英夫さんが愛用しているのが
カラフルなボディの草刈機まさお
走るだけで簡単に雑草を刈ることができる

茨城県常陸太田市の梨農家・萩谷輝夫さん
愛用している運搬マシンが下町小町
選ばれる理由は車体の低さ

農業や林業に携わる人々には
なくてはならないマシンになっている

農業機械市場は4798億円
そのうち田植機・コンバイン・トラクターが
市場の8割を占める

筑水キャニコムが手がけるのは
ニッチな運搬用農業機器が中心
しかし国内シェアは4割を占め
圧倒的な強さを誇る

筑水キャニコムの本拠地は福岡県うきは市
世界10ヵ国の出身者を採用するグローバル企業
そのため会議では頻繁に英語が飛び交う

“ものづくりは演歌だ”がキャニコムの
キャッチフレーズ どういう意味か?
「演歌は日本人の心 ものづくりと言えば日本
 それが合体したもの」
部品から最終製品まで全て手作り
少量生産で作り上げる
工場内にはお客さんの写真がズラリ
お客さんを身近に感じるためであるという

農家の平均年齢が65歳を過ぎる現在
お年寄りを意識した製品が中心

スポンサーリンク
pr

農家思いの便利マシン続々!「ボヤキ」を集めて商品開発

大型草刈機の試乗会
会場で客の姿をビデオ撮影する社員
「本社に帰ってみんなで見て一人一人の意見を聞いて
 “ボヤキ”小さな意見を拾っていくのが当社の取り組み」
“ボヤキ”とは改善が無理だと諦めている商品への要望
ビデオ撮影でボヤキを収集して商品開発に生かすことを
経営の柱にしている

1949年に福岡県で生まれた包行
23歳のとき跡取りとして父の経営する筑水農機へ入社
しかし営業で顧客を回るとクレームの嵐
そこで農家に困っているところはないかと聞き回るように
しかしその返答は
「色々な大企業も聞きにきてメモもしっかり取って帰る
 だけどその通り作って持ってきたメーカーはない
 お前のところもそうじゃないのか」と言われた

村上から“ボヤキ”に応えることは素晴らしいが
会社にとって売り上げとか利益と矛盾しないかとの質問
「お客さんが商品を買ってくれるかどうかは
 価格コストではなく要望に応えられているかどうか
 実現するためにはコストがかかるので
 どうしてもキャニコムの商品は高くなってしまう
 ただお客さんには価値の部分で満足してもらう」

海外展開にも積極的
代理店や商社を使わず社員が直接行く
発展途上国では商品は絶賛されるも
価格が高すぎると“ボヤキ”
そこで1台2役の機能を搭載
徹底してお客に寄り添うキャニオン流は海外でも健在

スタジオで「まさお」に試乗したとき、
何て楽しい乗り物だろうと思った。
デザインといい、カラーリングといい、
乗り心地といい、ワクワクした。
いつも犬と散歩に行く公園で、
草を刈ってみたくなった。
草刈りをしてみたいと思ったのは、
生まれてはじめてだ。
ただ、楽しい乗り物を作るのは、
楽な作業ではない。
徹底してユーザー側に立ち、
考え抜かなければならない。
包行さんの哲学「ボヤキズム」は、
社内で見事に共有されている。
海外展開にもそのまま活かされるはずだ。
筑水キャニコム、その製品とポリシーは、
今後さらに、確実に、世界に広まっていくだろう。
―徹底したユーザー目線 村上龍

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする