マツコの知らない世界 マラソンの世界 増田明美が高橋尚子、野口みずきの裏側をスクープ

マツコの知らないマラソンの世界、日本で約1600のマラソン大会が開催されている

マラソン人口は増加中

マラソンの世界の案内人は、日本人で初めてオリンピック女子マラソンに出場した

増田明美さん

マツコ驚愕!マラソン界の裏話を大激白!

某番組でマツコが増田明美のマラソン解説を大絶賛

華麗なるマラソン選手増田明美

1981年アジア陸上選手権3000m

高校3年生で出場して大会新、日本新記録で優勝!

同じ大会10000m

当時の世界記録保持者アリソン.ローと死闘を繰り広げた増田明美

見事日本新記録で優勝!

増田明美は、この年七種目で日本新記録

日本で初のマラソンオリンピック出場

メダルを期待されたが途中棄権に終わる

当時は日の丸のはプレッシャーすごかったそうです

帰って来て通りすがりの人に「非国民」って言われたりもしたそうです

1988年大阪国際女子マラソン

ロス五輪以来三年半ぶりに復活をかけて挑んだ大会

27キロ地点で男の人に「増田お前の時代は終わったんや」言われて

ショックで一回止まってしまった

止まって逃げたいなって地下鉄を探して歩いてたんですよ

私の事を追い越した市民ランナーの方が6人いらしたんですけど、誰一人素通りしなかった

右肩を叩いたり励ましたり

結局30位でゴールできてオリンピック前とは違う自分で生きられる様になった

知られざるマラソン選手の裏側

実業団のマラソン選手の1日

五時半起床

6時朝練習(15キロ)

10時出勤

15時本練習(20キロ~40キロ)

22時就寝

365日毎日走ります

休みなし

いろんな競技があるなかで陸上しかも長距離を選んだのは増田さんは何でだった?

風ですね

「青い世界」に入っていく

マツコのコメント

やっぱりおかしいね

マラソン選手は大食い

活躍する選手ほどよく食べます

スポンサーリンク
pr

野口みずきさんアテネ金メタル

40キロ走のあとにバーベキューをやったけど男子の選手は食べれなくてとうもろこしやもやしを食べていました

無名の野口みずきさんがお肉の所に陣とって2時間肉を食べ続けた

2.7キロ食べたそうです

高橋尚子さん金メダル

高橋尚子さんもすごかった

朝から生レバーを食べたりフライドチキンの他の選手が残した骨を集めて骨を割って髄液をすすってた

高橋尚子さんの話はたくさんある

デパ地下でマグロの頭を買って目玉を食べたりして増田明美さんは、本当に気味が悪いと思ったそうです

小出監督も高橋尚子さんは、あれだから走れるんだよって言ってました

マラソン選手の行き過ぎた悩み

三日走らないと禁断症状発生する

三日間走れないと痒くなる

今でも痒くなる

高橋尚子さんに聞いても同じ

一人だけ禁断症状が出ない選手がいるんです

有森裕子さん

バルセロナ五輪の銀メダル

マラソン選手の悩み

ゴールの瞬間は恋愛するより興奮する

ゴールの興奮は、恋愛がちゃっちく見えちゃう

選手時代に恋愛をしてないって人は実業団選手の9割りぐらい

増田明美流の解説ネタ収集の極意

増田明美収集の3原則

1.自腹で単独取材

テレビで来たと言うと選手は疲れたり監督も調整中だから嫌がられるけど、一人で取材に行くと選手が緊張しないため選手や監督と親密になれ深い話が聞ける

2.監督やコーチと一緒に食事

3.選手の母親の番号ゲットする

選手の母親を取材すると選手の幼少期の話が聞け個性が見えてくる

増田明美さんの解説人生で一番の大スクープ

2009年北海道マラソン

世界陸上オリンピックの選考につながる重要な大会

男子のトップ高見澤勝選手

女子のトップ嶋原清子選手

10キロ地点で二人ともトップの時に二人が誰にも話してなかったとんでもない事を言ってしまう!

「高見澤選手と嶋原選手は恋人同士なんです。二人で優勝出来たら結婚しようねって約束しているそうなんです」

結果は、嶋原選手は優勝高見澤選手4位でした

優勝は、出来なかったけど結婚して子供がいるそうです

マラソン人生劇場最大の見所

人間ドラマがある給水所

アテネの時の野口みずきさんだけドリンクが冷たかった

メーカーさんと契約して保冷ポットを作っておいたんです

他の選手は、前の日に預けるから冷たくしといて下さいと言っていたがアテネの方がいい加減で野口みずきさん以外の給水ドリンクは温かくなっていた

大阪世界陸上2007年から保冷ポットが使用禁止になりました

選手はポットが使えないから、プラスチックで凍らせて預けたら翌日日本人は真面目だから給水飲んだら凍ったままだった

意外と給水所のハプニングが多い

2010年広州アジア大会

優勝候補シャミ選手の給水であることが起こった

10キロで給水失敗

40キロで給水失敗

水がなかった

給水の失敗で戦意喪失

優勝出来なかった

増田明美さんが絶対に見て欲しい!

人間ドラマがあった給水所

2006年ドーハアジア大会

日本人が2位3位を争う展開

残り2キロ地点で起こった

給水ボトルを取った嶋原選手

厳しい状況にも関わらず嶋原選手が小幡選手にドリンクを渡してあげた

増田明美さん曰くこんな美しい光景はこの大会だけ

結果は2位嶋原選手3位小幡選手

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする