ビートたけしのTVタックル労働者派遣法改正案で、派遣社員はどうなる?

労働者派遣法改正案、派遣社員の労働条件の見直し

改正法案の中身とは?

改正のポイント

企業が派遣社員の受入期間制限を事実上撤廃

派遣社員は臨時的に必要な労働力

最長3年で業務終了しなければならなかった

3年ごとに人が入れ変われば派遣社員が仕事を続けてもいい

派遣先の正社員になれる可能性がある

派遣元と無期雇用契約の可能性もある

民主党 衆議院 山井和則さんは、

派遣社員が簡単に正社員になれるわけがない

人を変えればいいなら、一生派遣がふえると反論している

派遣法改正一体どうなっているのか?

元厚生労働大臣 田村憲久

改正のポイント

3年が立った時 派遣元が派遣先に直接雇用の依頼をします

派遣労働 者が社員採用される可能性が高くなる

阿川さんの疑問

派遣社員は社会保険などの費用負担が少ない?

山井議員の主張

派遣労働者を続けると生涯設計ができない

関根氏の主張

企業の都合で短期間でも契約終了となる

実際は2~3ヶ月の短期契約の繰り返し

派遣社員の本音

年を取ると大変

次に新しい仕事を覚えるのもかなり時間がかかるしストレスもある

人間関係を構築するのも大変

制度で仕方ないけど困る

給料も上がらないし また次の所で 1からスタートは不安

昇給や昇格の可能性は低い

正社員は夏のボーナスが出たんです

正社員とほぼ同じ仕事をやっているにもかかわらずボーナスも一円も貰えないし もちろん手当も無いし

スポンサーリンク
pr

法改正で派遣社員はどうなる?

専門26業務で10年派遣社員していたが、法改正で三年のくくりで派遣先を変えないといけなくなった

派遣先に正社員にして下さいと交渉したが派遣社員は正社員にしないと一言で断れた

同僚が怪我をした際派遣元が労災に入っていなかった

十分に怪我の保障がされなかった

山井議員の情報

労働災害は 派遣社員が正社員より多い

日本の正社員が危ない

日本のサラリーマンは世界一の守られている

解雇に必要な4つの条件

人員整理の必要性

解雇回路努力義務の履行

非解雇者選定の合理性

解雇手続きの妥当性

解決金制度

不当解雇で訴えても会社側が法律に定められた金額を支払えば職場復帰出来ない

裁判で勝っても金銭解決という選択肢が増える

山井議員の考え

金さえはらえば労働者を自由に解雇できる首切り法案だ

やがて裁判すらやらなくなる

不当な解雇を金銭で解決する場合

相場

給料の3~6カ月が目安

例えば

給料が30万円

解決金は90~180万円

関根氏の主張

和解金などの水準を引き下げるのが狙い

前厚生労働大臣 田村憲久氏

解決金制度のポイントとは?

中小企業の場合、賃金未払い退職金がない人の為に作ろうとしてる

城氏の見解

大手企業は規制緩和

中小企業は規制強化

日本のサラリーマンは守られすぎ?

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする