爆報! THEフライデー 「女優が起こした殺人事件&元テレビ東京の看板アナウンサー八塩圭子は学習院大学でマーケティングの授業を教えていた!」

あの美女は今!?芸能界をやめて今何をしているのか密着!

<MC>爆笑問題

<スペシャルゲスト>田原俊彦

<レギュラー出演者>アンガールズ/オリエンタルラジオ/友近

<アシスタント>吉田明世(TBSアナウンサー)

「出没!アド街ック天国」で初代アシスタントに大抜擢された

テレビ東京の看板アナウンサーだった八塩圭子

今は学習院大学の経済学部でマーケティングのメディア戦略の授業を教えている

八塩は番組の合間に勉強をしながら

法政大学大学院に入学していた

そして、経営のプロフェッショナル MBA取得!

メディア戦略…テレビやラジオなどが視聴者に与える影響や

効果的な広告の方法を考える

今でも八塩は輝いていた

「おニャン子一のおバカキャラの立見里歌の今!」

1984年 ミス東海大に選ばれ芸能界デビュー

2年でおニャン子クラブを卒業した立見の今は…

広告代理店の部長をやっていた

広告代理店…商品の広告や宣伝を企画立案・制作する企業

彼女はシングルマザーとして息子の為に働いてきた

息子は慶應大卒の超エリート

立見はおニャン子クラブ卒業後

「ポニーキャニオン」で営業職に就く

息子には高校になるまで離婚したことを内緒にしていたという

「パパは仕事が忙しいから一緒に居られない」

息子にばれないように、子供のイベント事には元夫を呼んでいたと言う

スポンサーリンク
pr

名前の出せない芸能界事件簿

日本芸能史上初 現役女優の殺人

ヘビ女優X 愛人刺殺事件

この事件のミステリーは

殺人を犯した女優Xは「懲役5年」であったことである

女優が殺害したのはプロデューサーY

XとそのマネージャーがXを売り込みにYの自宅へ

Yの隣にいた女性をYは2人に「妹」と紹介

だが実際は妻であった

YはXを愛人にする為に妹として紹介したのであった

XはYの愛人になった

XはYが妻子持ちなのを知らなかった

しかし、半年で「不倫」であったことを知る

Yが口を滑らせてしまうのだ

Xは芸能界での仕事が減り始め、足を洗いたいと考えていた矢先であった

Yと結婚をして芸能界引退を考えていたXだが

不倫と知ってしまった為Yに「愛人契約書」を書かせる

「浮気したら必ず慰謝料等を払う。

子供が出来た場合は、認知をし、養育費を払う」

その後、YはXのマネージャーと浮気

愛人契約書を書かせたXだが約束を守ってもらえる事はなかった

しかし、XはYの子供を妊娠していた

子供の為に認知をさせ、養育費を払ってもらいたかったのだが

Yは認知をしなかった

XはYに「認知」をしてもらいたく

包丁を持ってYに会いに行く

「殺す為でなく、脅す為であった」とXは話していた

案の定、Yは認知を嫌がる

「自分で産んだんだから、自分で責任とれ」と…

Xは脅す為に使う包丁を殺す為に使ってしまった

1970年裁判所では…

Yの妻は「彼女をかばい続けたのはよっぽど好きだったから。

主人の気持ちも考え、寛大なご処置をお願いします。」

と裁判長に話し、Xの罪を軽くするようにお願いした

Yが亡くなる数分前

医師にYは「自分で腹を刺した」と話していた

それを知った妻はXの罪を軽くするようにお願いしたのだ

懲役5年

今Xは息子と一緒に元気に暮らしている…

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする