主治医が見つかる診断所 「体のゆがみが取れれば痩せられる体質になる!?」体のゆがみが気になる方必見!ゆがみがとれる運動とは!

体のゆがみが取れる運動とは!?

<司会>草野仁/東野幸治

<アシスタント>森本智子(テレビ東京アナウンサー)

<ゲスト>沢田亜矢子/遠藤章造/友近

「体のゆがみを改善すると体に何が起きるか!?」

改善されるのは…頭痛・腰痛・ひざ痛・肩こり・便秘・冷え性

ゆがみを治すと…血流・免疫力・基礎代謝が上がる

「ノルディックスキップとは?」

ノルディックウォーキングより効果的と言われている運動である

考案者は神戸常磐大学 運動生理学の柳本先生である

ポイントとしては…

1足を高く上げようとイメージする

2姿勢が良くなる様に状態を起こす

*肩が下がっている方で持つストックを伸ばす

*肩の高さが同じになるように調節をする

正しい姿勢で足を高く上げることで

大腰筋と腸骨筋を鍛えられる

ゆがみの原因の1つとして

大腰筋や腸骨筋などに代表される

インナーマッスルの衰えが考えられる

スキップ出来ない人でも

足を高く上げるイメージをすることが大事だと言う

高齢者の方も飛ばなくても

足を高く上げようとイメージするだけで効果が得られる

腰痛や肩こりなどの痛みも予防でき

痩せやすい体質になるという

なぜなら、全身を使う為

エネルギー消費量が多くなり基礎代謝が上がるからである

ノルディックスキップを行うことで

ゆがみ改善・認知症予防・痩せやすい体

が手に入る!!

はじめは30mほどの距離から行う事が良い

*長さを変えられるストックは

スポーツ用品店などで5000円程度から購入できる

体のゆがみというのは

日常生活の習慣から出てくるものである

女性は特にゆがみやすい

同じ手で鞄を持ったり

同じ手で家事をしたり

いつも利き手で何かをしている

1箇所が悪くなればそれを庇おうとする箇所が出てくる

それが変な習慣となってしまい

「体のゆがみ」として出てくる

スポンサーリンク
pr

私たちの日常生活はシンメトリーではない!

携帯電話で電話する時も

座って足を組んだりする時も

バッグを持つ時も

利き手を使っている

歩く時も「1.2.1.2.1.2」の掛け声で歩く方も多いと思う

しかし、これだとどうしても無意識に1の方に力が入ってしまい

ゆがみの原因になってしまう

これを「1.2.3.1.2.3.1.2.3」にすると右と左が交互になる為

力も交互に入ってゆがみ予防になるという

また電話しているときも

何分か経ったらもう片方の手に持ち替える等

行った方がゆがみ対策になる

「ねじり運動」

90歳になるおじいちゃんが腰痛・ひざに痛みがあったが

ねじり運動を行ったことで解消されたという!

ねじり運動…固くなった筋肉がほぐれて

関節の可動域が広がり体のゆがみが改善される

*足を肩幅に広げやや外側に向ける

*全身の関節を全てねじるイメージ

1手のひらを胸の前で合わせて

お尻を後ろに付き出す様に腰を落とす

2ねじりながら体を伸ばす

31の姿勢に戻る

4反対側になじりながら体を伸ばす

左右5回ずつ合計10回 朝晩2回

無理しない程度の行うのが良い

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする