探偵!ナイトスクープ  120年に一度しか咲かない花!?『竹の花が見たい!』

120年に一度しか咲かない花!?『竹の花が見たい!』探偵:たむらけんじ

<顧問>ルー大柴

<出演>西田敏行、松尾依里佳 石田靖、竹山隆範 たむらけんじ、田村裕、真栄田賢 澤部佑、橋本直

【依頼内容】
女子小学生からの依頼で、学校の理科の授業で「竹の花は100年に1度しか花を咲かせない」と聞いて凄く興味が湧いた。帰って家族に聞いても誰も見たことがなく、死ぬまでに一度見てみたいという依頼。

正直テレビを見ていて、竹の花なんかあるの?と思った。

調査を進めていくと、植物園の方にインタビューして、なんと「竹の花は60~120年に一度だけ花を咲かして、花が咲いた後は、周囲の竹と共に一斉に枯れてしまいます。その様子は死の世界の様です。」と言うのだ。竹林の竹はみんな根っこが繋がっているそうだ。つまり竹林の竹はみんな一本の木ということだ。そしてその竹が60~120年に一度、花を咲かせて、命尽きて枯れてしまうということだ。

小さい頃、枯れた竹林を見たことがあったが、実は竹の花が咲いた後だったのかもしれない。

ただ、最大120年に一度しか咲かない花。見るにしても、滅多に見られるものではない。
植物園の方も竹の花を見たことがないということで、京都大学の先生に聞くことになった。
さすが京都大学の先生。日本中の竹の花の情報を集めており、香川県まで遠路はるばる見に行くことになった。

うっそうとした竹林に到着。ロケは5月で、花が咲き終わりかけているということだ。竹の花が咲き終り、竹が枯れかけている。確かに『花が咲いた後は、周囲の竹と共に一斉に枯れてしまいます。その様子は死の世界の様です。』の言葉の通りだ。

ついに竹の花を見つけた!

あれ?花なの?お米のイネのような感じだけど・・・。

そう思ったのは私だけではないはず。なんと竹の『花』というと、奇麗で大きな花をイメージしてしまうが、竹はイネ科の植物なので、花は緑色ということだ。
120年に一度の開花とはいえ、さすがにしょぼい・・・。たむらけんじ探偵も「しょぼ!!」と思わず叫んでいた(笑)

スポンサーリンク
pr

その他『家族が欲しい34歳男 』『集合体が怖い』

『家族が欲しい34歳男』は、両親や祖母が早くして無くなり、一軒家に1人住まいで、寂しい日々を過ごしている。一日だけでいいから、「家族だんらん」を味わわせて欲しいという依頼。

『集合体が怖い』は、細かい粒の集合など、同じものがたくさん並んでいるものが大の苦手。克服に協力して欲しいという依頼。

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする