未来世紀ジパング ミラノ万博 史上最大の食の万博!日本食 vs 世界料理 万博行列ランキング

今 世界一熱い食の都へ、イタリア ミラノ美食の都

ミラノで一番人気のスポルティーニ

ピザ専門店

人気の秘密は その焼き方

たっぷりのオリーブオイルをかけて専用の型に入れて焼く

トマトソースとチーズだけのシンプルだが 他のお店と味が違うそうだ

一人前の大きさがものすごく大きく680円

この店ピザ一種類のみの販売です

ここはピザ専門店だから味も特別だそうです

そんな食でこだわりを持つミラノで開催したのが

史上最大の食の祭典

ミラノ万博が開幕

食の戦い

世界中の国が自国の料理を アピールしていた

なんと北朝鮮も参戦

日本食も参戦していた

史上最大 食の祭典から日本の未来が見えてくる

ミラノ万博

敷地面積1.1k㎡東京ドーム約24個分

150以上の国や企業が出展しています

開催期間は6ヶ月で2 000万人以上の来場を見込む

40分前待ちは当たり前の日本館

開催国イタリアは食品会社が巨大なフード店をイタリアの20州のそれぞれの名物料理を食べられるようになっています

各州の名物料理の人気店だけが出店できるようになっています

ナポリのカンパーニャさ州は、モッツアレラチーズの丸ごと一つで勝負しています

カンパーニャ州ではモッツァレラは丸ごと食べるのが当たり前です

ローマのラツィオ州は、カルボナーラ

日本とは違い 生クリームを使わないで チーズと卵でとろとろに仕上げます

地元ミラノがあるロンバルディア州は、サフランリゾット

イタリア人はイタリアという区切りで、ひとつまとめにされるの侵害だそうです

州ごとに名物が違うそうです

参加中二番目の広さを誇るドイツ館

やはりアピールしていたのは ソーセージとビール

そのドイツに真っ向勝負を挑んだのがベルギー館

やはりビール

フライドポテト

実は、フライドポテトはベルギーが発祥の地です

最近日本でもベルギーフライドポテトの専門店がオープンしました

アルゼンチン館

行列ができている

日本人には何味のないアルゼンチン料理だが ステーキだった

アルゼンチンはヨーロッパからはステーキの国として有名

他に興味ぶかい展示をしている国が

謎の白いパビリオン

中に入ると人類の進化が絵で表されてる

しかし何か変だ

絵は少しづつ太っていく

ピザばかり食べると太ると言うことみたい

奥に行くと壺があり、中にはキムチ

ここは韓国館だった

韓国料理は健康だということをアピールしていた

レストランはヘルシー売りにして大盛況です

ある国をライバル視していた

韓国館料理長

今回の万博向けに開発したメニューは全部自信作だよ

日本料理には絶対負けられないね

との料理長のコメント

ライバルは日本のようだ

今まではヘルシーといえば 日本人の売りだっただか、韓国料理が台頭してきた

タイ館

レストランでは、なくお弁当ばかり

CPとお弁当に書かれている

cpはタイの大手食品メーカーです

すぐに家で食べられるものを通じてタイは自国の料理を広めているそうです

なかなかの人気です

中国館

入り口を入ると

全しゅう徳

1864年創業の高級中華料理店

日本やオーストラリアにも進出しています

今回は中国館を全面サポートしています

今回はイタリアの万博でなぜ出店したのですか?

イタリアをはじめヨーロッパの人は中華料理という町の小さな安い中華店しか知らないのです

今回は歴史があって高級な中華料理をいわば我々のほんものの味を知ってもらうためのレストランです

北京ダック7品のコース

約3100円

壮絶な食の戦いがミラノでおこなわれています

6ヶ月続く

スポンサーリンク
pr

今回のミラノ万博は史上初めて食がテーマです

日本でも大阪万博が開催されたことがあります

1970年開催来場者数は約6422万人

大阪万博で日本で初めてお披露目されたファーストフードチェーンがあります

ケンタッキーフライドチキンです

1日で約4600セットが販売されました

大阪万博の2ヶ月後にケンタッキーは名古屋に1号店をオープンさせました

今回の日本のテーマは

脱ザ、日本食

ザ、日本食というのは 寿司屋 天ぷら 定番の日本食をさします

最近だとラーメンも入れてもいいと思います

外国人にも認知された日本食から 次の展開に行こうとしています

もっといいものがあります とアピールしていく

ミラノ万博で意外な光景

万博会場に謎の寿司店が!

売っているのは日本人ではない

かっぱ巻きとサーモン巻きが売られている

680円

売っているのは中国人の業者のようだ

寿司はアジアの料理だそうです

地元テレビ局が取材していた

寿司が日本のものだ っていうのは知っているよ

ミラノにも寿司屋はたくさんあるからね

でもやっているのはみんな中国人じゃないか

取材したって変じゃないだろ

寿司は、もはや日本料理ではないようだ

なら日本はどうする

ミラノ万博の日本館

フードコートで販売しているのは

和牛すき焼き御膳 4700円

天ぷらそば 2700円

coco壱番屋のとんかつカレー1620円

モスバーガー

ミラノ万博開幕1ヶ月前

東京品川の本社のモスバーガーにおとずれた

キッチンではミラノ万博用の特別のメニューが作られていた

普段とは違うメニューで勝負をしようとしているのだがしかし これだけははずせない

ライスバーガー

ライスバーガーは モスバーガーを代表する商品の一つです

ミラノで自信を持って提供できる商品です

モスバーガー

1972年に東京1号店を出店

日本生まれのファーストフード店

ミラノ万博には日本で販売していない焼肉ライスバーガーで勝負です

てりやきチキン ライスバーガー

海鮮かき揚げライスバーガー

この三つで勝負を掛けます

海外ではモスバーガーは321店舗オープンしています

ヨーロッパには、店がない

ミラノ万博は世界戦略の第一歩です

市場調査でイタリアに行くとおにぎりの専門店があった

日本人がやっている

イタリアもリゾットとか米を食べる文化があるのでライスバーガーもいけるんじゃないかと思っています

今回 ミラノ万博にモスバーガーは日本の店長が集結して販売します

ライスバーガーは、受けるのか?

珍しいからか次々売れていく

開幕から一週間後

ライスバーガーに関しては大変良い評価をいただいている

将来のヨーロッパ出店を見すえた大事なチャレンジだと強く感じ認識している

各国の 人々が絶賛していました

しかし、イタリアには壁があります

フードチェーン店が少ない

スターバックスコーヒーも0店

世界全体 2万2000店あるのに

イタリアには、バー文化がある

必ず自分の住んでいる所の近くにバーがある

そのバーは 人 が集まる場所に行くと友達がいる

そこでコーヒーを飲みながらサッカーくじやロトをやったりいろんな情報が受けられる

マクドナルドだけ550店舗あります

ケンタッキーは、2店舗

イタリアのマクドナルドに行くとパスタやビールとか色々出ている

マクドナルドもイタリアに合わせている

日本食を広める もう1つの方法

本場の本物

農水省外郭団体が厳選された原料と伝統製法をもちいて作った46の食品を認定

愛知県

三河産大豆の八丁味噌

佐賀県

小城羊羹

岐阜県

堂上蜂屋かき

飛騨 高原山椒

イタリアでアピール!

中でも取り合いになっていたのが

埼玉 草加せんべい

実際に作る所を見せた

岡山県鴨方そうめん

職人の作る麺の細さにイタリア人も驚き

細くてコシがあるのにイタリア人が おどろいていました

ミラノ万博 行列 ランキング

3位カザフスタン30分待ち

2017年に万博を開催

馬乳の試飲

世界有数のキャビアの生産地

2位ドイツと日本 40分待ち

1位 アラブ首長国連邦 一時間待ち

砂漠の国ならではの 水の大切さを伝えるシアター が人気だった

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする