世にも不思議なランキングなんで?なんで?なんで? 自転車屋さんが少ない町は○○県! その驚きの理由とは?

不思議なランキングにスポットを当て、その「なんで?」を解き明かす番組。

自転車屋さんが多い町ランキング

第 1位:東京都
第 2位:大阪府
第 3位:愛知県
第 4位:埼玉県
第 5位:神奈川県
第 6位:兵庫県
第 7位:千葉県
第 8位:新潟県
第 9位:静岡県
第10位:北海道
第11位:福岡県
第12位:茨城県
第13位:京都府
第14位:栃木県
第15位:福島県
第16位:広島県
第17位:岡山県
第18位:岐阜県
第19位:群馬県
第20位:山形県
第21位:宮城県
第22位:愛媛県
第23位:三重県
第24位:熊本県
第25位:滋賀県
第26位:長野県
第27位:富山県
第28位:秋田県
第29位:岩手県
第30位:香川県
第31位:青森県
第32位:山口県
第33位:宮崎県
第34位:福井県
第35位:石川県
第36位:大分県
第37位:鹿児島県
第38位:徳島県
第39位:佐賀県
第40位:島根県
第41位:和歌山県
第42位:高知県
第43位:鳥取県
第44位:奈良県
第45位:長崎県
第46位:山梨県
第47位:沖縄県

沖縄県には自転車屋さんがわずか32軒しかない。なんで?

スポンサーリンク
pr

自転車店が少ない町日本一「沖縄県」の理由は・・・沖縄の暑さ・?風・?社会

沖縄にはそもそも自転車が少ない。空港から市街地まで何台の自転車に遭遇するか調査したところ、ゴールの国際通りで1台だけ発見。
駅には自転車はおろか駐輪場すらなかった。

さらなる調査のため、沖縄で数少ない自転車店へ行ってみた。
店主曰く、「自転車が売れないため、ほとんどの自転車店が廃業した」とのこと。
1年に何台くらい売れるか質問すると、「年に2~3台くらい売れればいい方」という答えだった。
ママチャリは全然売れないため、10年前から競技用自転車専門店にして生計を立てているという店主。
つまり沖縄では自転車は生活必需品ではなく、競技や趣味のものなのだ。

では沖縄の人が自転車に乗らないのはなんで?

沖縄の気質として歩くのすら面倒くさいのではと思われる。
それを裏付ける、面倒くさがりの気質を表すランキングを2つ紹介。

■肥満者の割合(男性20~69歳)
第1位:沖縄県 45.2%
第2位:宮崎県 44.7%
第3位:栃木県 40.5%

■宿題実行率(小学生)
第43位:東京都・島根県・福岡県
第46位:北海道
第47位:沖縄県

だが一番の理由は、沖縄県は平均気温&真夏日の日数が日本一だということ。
暑い⇒面倒くさい⇒自転車に乗らない、となるわけだ。

自転車に乗らない理由はまだある。
四方八方を海に囲まれる島国・沖縄。つまり吹く風すべてが潮風なのだ。自転車も構造上錆びやすい部品が多いため潮風は大敵。普通に使っていても半年ほどでサビだらけになってしまうのだ。また、沖縄は坂道が多く自転車には不向き。
さらに、道路に石灰岩を使用しているため滑りやすく、雨が降ると自転車やバイクに乗らない人が多いのだそうだ。

そして、沖縄に自転車が少ない決定的な確証を掴んだ。

■軽自動車の所有率
第1位:沖縄県
第2位:高知県
第3位:長崎県

軽自動車は維持費が安く手軽。つまり、軽自動車=自転車(感覚)なのである。

終戦後アメリカ統治となった沖縄。戦後復興の町作りもすべてアメリカ流だった。
当時のアメリカが推し進めていたモータリゼーションの影響で、沖縄は完全な車社会になったという歴史的な背景があったことも忘れてはならない。

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする