たけしのニッポンのミカタ!2月27日こんな時代に 売り切れ御免2アイスクリーム専用スプーン15.0%

「売り切れる」スーパーの秘密

早朝から駐車場に大行列

朝7時から大行列、大量買いするお客ばかり

ビッグママが年12回やる第1日曜にやる特売イベント

トラック市

普段の1.5倍となる大型トラック10台分の商品を販売

普段の半額以上

例えば普段99円のキャベツが50円、さとう178円が89円 たまご158円が69円 豆腐38円が9円

超激安の特売品が80品目

月に一度の激安販売

一丁9円の豆腐1000丁が開店2時間で完売!

キャベツも1000個が完売!

すべての特売品が完売、早く来ないと売り切れ

超激安の特売品が80品目が仕入れ値より安く販売してる赤字

イベントによってお客様が来てくれるようになって年間の売上5倍に増えたそうです。

ビッグママがある、愛知県西尾市西幡豆町 人口4000人

無人駅でありのどかな町、お客を呼ぶために月に1度のトラック市で客を呼ぶ

そのおかげで、平日でも来客数が平均約3000人、普通の同規模のスーパー1582人

普段も安い事を知って頂き、リピーターが増えていき儲かるようになったそうです。

仕入れ方も普通のスーパーも激安を可能にするために独自のカラクリがある

安く仕入れる方法

卸業者を介さず直接仕入れに来る

農協に卸さない生産者が卸す場所から仕入れる農家から直接

農家にとってサイズなどいろいろでも良いメリットがある

ビッグママがは、大量に仕入れるから安く仕入れる

「売り切れる」お店の秘密

相撲協会も若貴フィーバーに沸いた1997年以来東京場所が前15日間満員御礼に!

相撲人気の復活の秘密は、親方や裏方のファンサービスの徹底

①クリアファイルを先着200名に配布(場所ごとに新しいくデザインが変わる)

②キャラクターのゆるきゃらも会場内にいる、赤鷲、ひよの山、あと振分親方(元 高見盛)記念撮影などファンサービスに力を入れてる

③和装DAY 着物で来場したお客に行司との記念撮影

先着400名にオリジナル手ぬぐいくをプレゼント

④遠藤のお姫様抱っこパネルを両国国技館に設置

などのファンサービスをやるようになった

今までのお客様に「見せてあげてる」から「見てもらってる」の考え方の変りがファンサービス向上につながった

引退した親方衆は裏方としてジャンパーを着てお客様の案内をしたりしてる。

貴ノ花親方も館内を見てまわってる。

振分親方(高見盛)鳴門親方(琴欧州)などが握手会をやってる

国技館の焼き鳥が完売!!

国技館の地下にある焼き鳥工場で製造

1日約5万本が完売!!

国技館焼き鳥(5本入り620円)

自家製のタレに6回漬け込みながら焼き上げる

冷めてもおいしいと評判

スポンサーリンク
pr

田舎町が震撼?物騒でホラーな特産品

徳島県那賀町相生地区 人口3000人に売り切れ御免の物がある

はんごろし?というすごい名前

農産物直売所 あいおいで販売してる

10時開店で3時間ぐらいで売り切れる

直売所の近くで作られるらしい?全員が女性で作っているビーズあいというグループが作っている

平均年齢73歳

「はんごろし」とは、和菓子だった

はんごろしの名前の秘密は、食感を出すためにもち米9:1うるち米を炊く

お米を炊く水には、あら塩を入れて塩味を出す

塩を入れると甘みを引き立てるため

北海道産の小豆を豆が柔らかくなるまで煮るこしあん

よもぎを炊き立った米にいれる

はんごろしの由来は、もちの米粒が半分残るように潰すから

すべて手作りでやってるから

400個が限界だから完売

お婆さんが作る昔懐かしいよもぎ、あんこ餅がはんごろしって名前だった

地域では、昔は家庭で作っていたが手間がかかるので作らなくなったので、みんなが懐かしいから買っていくようになりました。

1本3240円!超高額スプーンの秘密!!

なぜ?売り切れ御免?

2から3か月待ち?

富山県高岡市

株式会社 高田製作所

アイスクリーム専用スプーン15.0%

秘密はアイスが溶ける

3年で累計5万本を販売

販売先は東京文京区 タカタレムノス

デザイナーの寺田さんによって考えられた

新幹線の中でアイスを食べるのが大好き ただしカチカチで食べれない

そのアイスをすぐに食べれるスプーンが出来ないかと思ったのがきっかけ

なぜ、このスプーンだと溶けるの?

その秘密は素材!

普通はステンレス、アイス専用スプーンは、アルミニウム

アルミニウムは、熱伝導率が高い為に手の体温が先端に伝わる

さらに持つ場所が太いため手に触れる面積が大きく体温が伝わりやすい

アルミニウムは他の金属に比べて軟らかい磨くのが難しい為、月に1500本しか作れない

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする